[人生案内]看護、介護の日々…むなしい

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 50代の主婦。10年前、息子の受験のために仕事を辞めましたが、まるで私の退職を待っていたかのように、それから看護や介護ばかりの日々でした。

 まず知人が大病し、1年看護してみとりました。続いて伯母が脳 梗塞こうそく で倒れ、入院先へ数か月通いました。やがて義父の介護が始まり、私の父も認知症を発症。父は母が介護していますが、母をサポートしなければなりません。近年は交通事故に遭った伯父の世話にも関わりました。

 いずれも子どもがいないか、いても頼りにならないのです。逆に言えば私をかわいがってくれた人が多いということで、恩返しだと思って頑張ってきました。

 今、父母以外の親族は施設へ入居し、以前よりは少し落ち着いて過ごせるように。しかし、私は自分の本来の人生を生きていないように思えてしまいます。なぜかやる気になれず、一日を無為に過ごし、むなしい気分になります。どうすればよいか助言が欲しいです。(東京・R子)

◇久田 恵(作家)

回答者別・ジャンル別に見る 人生案内への相談はこちら
残り:457文字/全文:880文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
「人生案内」の最新記事一覧
2537712 0 人生案内 2021/11/22 05:00:00 2021/11/22 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)