[人生案内]大好きな祖母の死 後悔ばかり

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 40代の自営業女性。大好きな祖母が95歳で亡くなりました。後悔ばかりです。

 亡くなる数日前、医師から治療について説明があり、また元気になってくれるものと信じていました。前夜に見舞った際は呼びかけても意識がなく、私の帰宅後に容体が急変。すぐ病院に駆けつけましたが、既に亡くなっていました。亡くなる前に会いたかった。

 私の父親はどなって暴れるような人で、父親が怖くて、小さい頃から祖父母にお世話になってきました。祖母は介護していた祖父が亡くなった頃から病気がちになり、骨折してから約10年間、寝たきりに。年齢のために骨の手術を断念したのが悪かったかもしれません。私は休みもない自営業で、月に数回お見舞いに行くだけ。おばあちゃん子だったのに、忙しさに負けて自分のことばかりでした。

 祖母に何年も苦しい思いをさせてしまい、後悔でつらいです。この先どうすればいいですか。アドバイスをお願いします。(和歌山・W子)

◇樋口 恵子(評論家)

回答者別・ジャンル別に見る 人生案内への相談はこちら
残り:456文字/全文:874文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
「人生案内」の最新記事一覧
2608410 0 人生案内 2021/12/19 05:00:00 2021/12/19 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)