[人生案内]父のもてなし料理で腹こわす

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 40代のパート女性。一人暮らしで70代の父について相談します。

 私は夫と子どもと一緒に年に数回、父のいる実家へ日帰り帰省します。父は料理を作って私たちを精いっぱいもてなしてくれます。ただ、私たちは自宅に戻ると、おなかをこわしてしまうことが度々なのです。

 実家には消費期限や賞味期限を過ぎた食材や調味料があり、要冷蔵の生ものが常温のまま置いてあることも。包丁やまな板、ふきん等も定期的に除菌している様子はみられません。

 私は「こうしたほうがいいのでは」とさりげなく伝えたり、あまりにも古いものはこっそり捨てたりしています。でも父はそれらを日常的に食べ、異変を感じたことがないせいか、「そのくらい大丈夫」と聞く耳を持たないのです。

 優しい父の厚意をむげに拒まず、傷つけないように現実を伝え、改善してもらうにはどうしたらいいのでしょうか。(滋賀・O子)

◇増田 明美(スポーツ解説者)

回答者別・ジャンル別に見る 人生案内への相談はこちら
残り:471文字/全文:866文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
「人生案内」の最新記事一覧
2634496 0 人生案内 2021/12/28 05:00:00 2021/12/30 23:10:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)