[人生案内]同性愛 病床の母に伝えるか

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 40代の男性会社員。結婚歴なし、きょうだいなし。3年前に父が他界し、母と2人暮らしです。

 母は現在入院中で、もはや回復は難しいと医師に言われました。母は元気な頃に、医療や死後の手続きについて記す「エンディングノート」に「延命不要」と書いており、今は本人の意思に従った終末期医療を病院にお願いしています。

 私は同性愛者で、両親には打ち明けていません。秘密にするのが当たり前だと思っていましたし、昭和10年代の生まれで性的少数者を理解するのは難しいであろう両親に「自分たちの育て方の責任だ」などと思ってほしくなかったからです。亡父は気づいていなかったと思いますが、母は気づいているような気がします。

 そんな母のモヤモヤは、私が同性愛者であると告白すれば晴れるでしょうし、私の後ろめたさも解消できますが、逆に母を苦しめるかもしれません。世の中には曖昧にしておいたほうがいいこともあるでしょう。

 母との別れが近づく中、伝えるべきか悩んでいます。(U男)

◇山田 昌弘(大学教授)

回答者別・ジャンル別に見る 人生案内への相談はこちら
残り:413文字/全文:854文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
「人生案内」の最新記事一覧
2640429 0 人生案内 2021/12/31 05:00:00 2021/12/31 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)