[人生案内]自分のコロナ対策にモヤモヤ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 30代の男性会社員。完全な在宅勤務が認められ、買い物は通販。ほぼ外出せずに生活していますが、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種をしました。

 接種会場の隣で生活困窮者向けの炊き出しが行われており、生活に苦しんでいる人がこんなに多いのかと驚きました。また、会場では若いスタッフがきびきびと働いており、飲食業などが思うように営業できず、こういう場で働く人もいるのかと想像しました。

 そして、私は我先にと3回目の接種をしたことを恥ずかしく思ったのです。買い物の感染リスクを誰かに押しつけ、外食やレジャーにお金を使うこともしない。外の世界から目を背け、自分のことしか考えていないと気づきました。

 しかし感染防止を思えばこの生活は否定されるものではない。問題は自分の領域を超えており、どうしようもないとわかっていますが、モヤモヤが心を占めています。この感情とどのように向きあうべきでしょうか。(東京・A男)

◇野村 総一郎(精神科医)

回答者別・ジャンル別に見る 人生案内への相談はこちら
残り:455文字/全文:873文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
「人生案内」の最新記事一覧
2838177 0 人生案内 2022/03/16 05:00:00 2022/03/16 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)