[人生案内]将来嘆く妻 元気づけたい

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 70代の男性。夫婦とも後期高齢者ですが、わずかながら仕事をしています。しかし妻が嘆くので、ふびんでなりません。

 「お父さんね、私たち、働けなくなったらあの世に行くしかないね。国も誰も助けてくれないしね。頼るのも嫌だしね。日々の生活だけに追われて、人の役にも立たなくてさ、生きている意味あるんでしょうかね。本を買うお金は石油代になるし、外食でおいしいものでも食べたくても光熱費に消えていくしね」

 こんなことをつぶやいてばかりです。働けるうちはいいと思いますが、この先、思いつめてどうにかなったらと気が気ではありません。どんな言葉で元気づけたらいいのでしょうか。

 人の豊かさって心の持ちようだと思いますが、今が元気なことが幸福なんでしょうね。周りの人たちも働いていますしね。相談ではなくグチになってしまいました。お許しください。(埼玉・N男)

◇久田恵(作家)

回答者別・ジャンル別に見る 人生案内への相談はこちら
残り:462文字/全文:845文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
「人生案内」の最新記事一覧
2841896 0 人生案内 2022/03/17 05:00:00 2022/03/17 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)