[人生案内]待望の孫 でも次男と疎遠に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 60代の無職男性。40代の次男との接し方で悩んでいます。

 次男は昨年待望の子どもに恵まれ、お宮参りの写真を撮ったのですが、忙しいことを理由に一向に送ってくれません。毎朝やりとりをしていたあいさつ程度のLINEも、突然、「女子高生じゃあるまいし」と言いだして、中止になってしまいました。

 次男は今でこそ普通の会社に勤めていますが、20代の時はマルチ商法の組織に属していました。その際に、相手を責めたり、責任から逃れたりする口上を身に付けたようで、母親の墓参や食事会などに誘っても、言い訳をして参加しません。組織に関わっている時に数百万円の援助もしましたが、それを言うと、「昔のことは言うな」と、どなるだけです。

 このままなら、死後の財産はすべて長男に譲ろうと思っています。そして次男とは縁を切ろうかとも考えています。ただ、孫に会えなくなるのは心残りです。今後どのように接したらよいのか、教えてください。(東京・K男)

◇出久根達郎(作家)

回答者別・ジャンル別に見る 人生案内への相談はこちら
残り:408文字/全文:831文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
「人生案内」の最新記事一覧
2883810 0 人生案内 2022/04/01 05:00:00 2022/04/01 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)