[人生案内]亡き夫への憎しみ消えず

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 80代の女性。夫が亡くなり3年たちますが、憎しみ、恨みが消えません。亭主関白でケチで、俺様第一。私は口答えをしたことも、逆らったこともなく、プライドを傷つけないよう、いつも気を張って緊張の連続でした。

 苦しい時もつらい時も自力で切り抜けてきましたが、体力的にも精神的にも消耗してしまい、独りになったのに切り替えができません。忘れようと努力するのですが、夜になると思い出し、眠れないことがあります。

 土地と家は残りましたが、貯金はありません。今は娘に助けられ老人ホームに入っていますが、立ち上がれません。日に日に弱っていく感じです。老後がこんなことになるとは思っていませんでした。

 私の人生って何だったのか、こんな運命だったのか。生かされているのだからとも思いますが、耐えられそうもありません。私もばかでしたが、夫もばかだったのだと今になって思います。それを見抜けなかったのです。もっともっと戦えばよかったのに。人生の指針がありません。(千葉・J子)

◇樋口 恵子(評論家)

回答者別・ジャンル別に見る 人生案内への相談はこちら
残り:419文字/全文:860文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
「人生案内」の最新記事一覧
3030035 0 人生案内 2022/05/26 05:00:00 2022/05/26 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)