[人生案内]懲りないプールの不審老人

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 40代の男性。子どもの利用が多い水泳施設で7年間監視員をしています。子どもたちにあいさつしては名前を聞き出し、いつまでも話し続けようとする常連のおじいさんに困っています。熱心に練習している子にも「すばらしい泳ぎですね!」と声を掛けます。「今の時代、むやみに子どもに話しかけない方がいい」と忠告しても、「地域の絆を残したい」の一点張りです。

 子どもから話を聞いたのか、保護者同伴の利用も増えました。その保護者にも熱心に話しかけた結果、不審者として警察に通報され、厳重注意を受けたこともありますが、行動は相変わらず。毎年現れ、「大きくなった」「泳ぎが上手になった」と、ほほえんでいます。

 年頃の子は「ニヤニヤ体を見て気持ち悪い」「何とかして」と言います。どうしたらおじいさんに迷惑だと気付かせられるでしょうか。(宮崎・U男)

◇最相 葉月(ライター)

回答者別・ジャンル別に見る 人生案内への相談はこちら
残り:490文字/全文:867文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
「人生案内」の最新記事一覧
3111569 0 人生案内 2022/06/25 05:00:00 2022/06/25 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)