天皇陛下、即位後初の稲刈り…皇居内の水田で100株

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 天皇陛下は19日、皇居内の水田で、即位後初となる稲刈りをされた。皇居での稲作は昭和天皇が始め、上皇さまから陛下に引き継がれた。

 陛下は、長袖シャツにズボン、長靴姿で、鎌を手にし、うるち米のニホンマサリともち米のマンゲツモチ計100株を刈り取られた。収穫した米は、10月に伊勢神宮で行われる神嘗祭(かんなめさい)などで使われる。

無断転載・複製を禁じます
804284 0 ニュース 2019/09/19 21:47:00 2019/12/23 10:40:30 2019/12/23 10:40:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ