即位パレード、来月10日に延期…出発も30分早く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は18日午前の閣議で、今月22日に予定していた天皇陛下の即位に伴うパレード「祝賀御列おんれつの儀」を11月10日に延期することを決めた。台風19号の被害を踏まえ、国民感情に配慮した。

 パレードは午後3時、天皇、皇后両陛下がオープンカーで皇居・宮殿を出発し、赤坂御所まで約4・6キロ・メートルの道のりを約30分かけて走行する。当初予定の22日よりも日没時刻が早まることなどを考慮し、30分早く出発する。

 菅官房長官は閣議後の記者会見で、「国民の参加しやすさ、交通規制による影響などの観点も踏まえ、日曜日で、皇室における行事予定も勘案した」と述べた。11月14~15日に予定されている皇位継承に伴う伝統の儀式「大嘗祭だいじょうさい」を考慮したものだ。

 今月22日を今年限りの祝日とすることは変えず、陛下が即位を内外に宣言する「即位礼正殿せいでんの儀」と、即位を祝う「饗宴きょうえんの儀」も同日に行う。

無断転載禁止
851128 0 ニュース 2019/10/18 10:08:00 2019/10/18 13:50:03

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ