共産党、即位礼正殿の儀を欠席「儀式のやり方が憲法原則に反する」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 共産党は22日の「即位礼正殿の儀」を欠席した。

安倍首相の万歳三唱を受けられる天皇陛下(22日午後1時24分、皇居・宮殿「松の間」で)=代表撮影
安倍首相の万歳三唱を受けられる天皇陛下(22日午後1時24分、皇居・宮殿「松の間」で)=代表撮影

 小池書記局長は21日の記者会見で「高御座たかみくらの上から天皇が即位を宣し、その下で三権の長が『天皇陛下万歳』と声を上げる儀式のやり方は明治時代のやり方を引き継ぐもので、憲法の国民主権、政教分離の原則に反する」と理由を説明した。「(天皇陛下の即位への)祝意については、(国会が議決した)賀詞に賛成する形で示している」とも語った。共産党は1990年の平成の即位礼に合わせた賀詞には反対している。

スクラップは会員限定です

使い方
「令和・新時代」の最新記事一覧
857763 0 ニュース 2019/10/22 14:02:00 2019/10/22 14:02:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191022-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)