沿道警戒や要人警護、2万6千人態勢で警備

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 警視庁などは22日、東京都内や成田空港(千葉県)で、全国の警察官を含む最大約2万6000人の態勢での警備を行った。

 両陛下が赤坂御所から皇居に移動した沿道で多くの警察官が警戒に立ち、皇居周辺の主要交差点には機動隊のバスを配置し、車両突入テロに備えた。

 儀式に出席した外国賓客約400人など要人の身辺警護も実施。皇居の乾門や桔梗ききょう門前では、入場者の顔認証装置や金属探知ゲートが設けられ、皇宮警察の護衛官が不審者に目を光らせていた。

 首都高や一般道では、断続的に交通規制が行われた。

無断転載・複製を禁じます
858071 0 ニュース 2019/10/22 20:23:00 2019/10/22 20:23:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ