皇居で「勅使発遣の儀」…大嘗祭行う報告、伊勢神宮へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 天皇陛下は8日、皇居・宮殿「竹の間」で、伝統的な皇位継承儀式「大嘗祭だいじょうさい」を行うことを伊勢神宮に報告する使いを出す「勅使ちょくし発遣はっけんの儀」に臨まれた。陛下は古式ゆかしい「御引直衣おひきのうし」と呼ばれる白い装束姿で、神宮への使いに「よく申して奉れ」と言い渡された。大嘗祭は14日夕から15日未明にかけて行われる。

無断転載禁止
889110 0 ニュース 2019/11/08 21:56:00 2019/11/08 21:56:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ