奉祝曲、天皇陛下のライフワーク「水」をテーマに

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 奉祝曲の組曲「Ray of Water」は「水に差し込むまばゆい光」という意味で、脚本家の岡田恵和さんが作詞、復興支援ソング「花は咲く」を手がけた菅野よう子さんが作曲した。歌唱は、老若男女に広く親しまれているとの理由で「嵐」が選ばれた。

 即位奉祝委員会によると、曲は天皇陛下が研究対象とする「水」をテーマとした。「はじめはどこかの 岩かげにしたたり 落ちたひとしずくの」という一節は、2017年の歌会始で陛下が詠まれた「岩かげにしたたり落つる山の水大河となりて野を流れゆく」から引いた。山梨県内の水源林を視察し、一滴の水が流れゆく先に思いをはせられた和歌だ。

 「あの大河だって はじめはひとしずく 僕らの幸せも 大河にすればいい」。こうした歌詞は、昨年3月の第8回世界水フォーラムで、陛下が人々の生活と社会の発展のため水を分かち合う大切さを訴えられた講演などを参考にしたという。組曲は3部構成で13分に及び、令和時代の幕開けの喜びや希望が込められた。

無断転載禁止
890166 0 ニュース 2019/11/09 20:32:00 2019/11/09 21:46:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191109-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ