天皇、皇后両陛下が台風被災地へ…宮城・福島を日帰り訪問

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

花田応急仮設住宅で、台風19号の被災者に声を掛けられる天皇、皇后両陛下(26日午後、宮城県丸森町で)=代表撮影
花田応急仮設住宅で、台風19号の被災者に声を掛けられる天皇、皇后両陛下(26日午後、宮城県丸森町で)=代表撮影

 天皇、皇后両陛下は26日、10月の台風19号などで死者・行方不明者計11人が出た宮城県丸森町と、7人が死亡した福島県本宮市を日帰りで訪問し、被災者を見舞われた。両陛下が自然災害の被災地を訪問されるのは即位後、初めて。

 両陛下は、特別機と自衛隊のヘリコプターを乗り継ぎ、昼過ぎに丸森町に入られた。雨の中、傘を差して多くの家屋が水没した五福谷地区を視察。町内の仮設住宅では、被災者に「お体に気をつけて」などと声をかけられた。

 その後、ヘリで本宮市に移動した両陛下は、安達太良川の堤防決壊現場を視察し、黙礼された。近くの福祉施設で被災者を見舞い、夜に特別機で帰京された。

無断転載禁止
973244 0 ニュース 2019/12/26 20:55:00 2020/01/15 16:28:12 2020/01/15 16:28:12 花田応急仮設住宅で、台風19号の被災者をお見舞いする天皇、皇后両陛下=2019年12月26日午後1時45分、宮城県丸森町、嶋田達也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191226-OYT1I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ