令和最初の新年一般参賀に長い列、天皇陛下「災害のない安らかな年に」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

令和初の新年一般参賀で、手を振られる天皇陛下と皇后さまと皇族方(2日午前、皇居で)=稲垣政則撮影
令和初の新年一般参賀で、手を振られる天皇陛下と皇后さまと皇族方(2日午前、皇居で)=稲垣政則撮影
令和初の一般参賀で、手を振られる天皇陛下と皇后さま、上皇ご夫妻(2日午前、皇居で)=稲垣政則撮影
令和初の一般参賀で、手を振られる天皇陛下と皇后さま、上皇ご夫妻(2日午前、皇居で)=稲垣政則撮影

 令和最初の新年一般参賀が2日、皇居・宮殿で行われた。天皇、皇后両陛下を始め、上皇ご夫妻、秋篠宮ご夫妻らが宮殿のベランダに立ち、集まった人たちに笑顔で手を振られた。

 皇居前広場には早朝から長い列ができ、宮内庁は予定より20分早い午前9時10分に開門した。

 天皇陛下は午前10時10分頃、1回目の参賀に臨み、昨年の台風や大雨の被災者の生活を案じた上で、「本年が災害のない、安らかでよい年となるよう願っております。年の初めにあたり、我が国と世界の人々の幸せを祈ります」と述べられた。

 この日の参賀は午後2時20分までの計5回で、参賀者は午後2時10分までに皇居正門(二重橋)から入る。

無断転載禁止
980114 0 ニュース 2020/01/02 10:49:00 2020/01/02 12:16:31 令和最初の一般参賀で手を振られる天皇陛下と皇后さま、上皇さま、上皇后さまら(2日午前10時12分、皇居で)=稲垣政則撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200102-OYT1I50009-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ