読売新聞オンライン

メニュー

【独自】皇居での生活へ、天皇ご一家の荷物搬送始まる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 代替わりに伴う転居のため、天皇ご一家の現在のお住まいとなっている赤坂御所から皇居への荷物の搬送が12日、始まった。新たなお住まいとなる皇居・旧吹上仙洞せんとう御所の改修工事は3月中には終了する見通しで、ご一家は4月以降、皇居での生活を始められる。

 宮内庁関係者によると、皇居に運び込まれているのは、地方訪問などに関する資料や、装束、外国元首からの贈り物など、赤坂御所の倉庫に保管されている物品だという。ご一家は、皇居への転居前に御用邸などで一時滞在され、その間に身の回りの品々の搬送も行われる。ご一家が移られた後、旧吹上仙洞御所の呼称は、「御所」に改称される。

 上皇ご夫妻は昨年3月末から東京都港区高輪の仙洞仮御所で生活されている。赤坂御所はバリアフリー化などの改修工事の後、上皇ご夫妻が移り住まわれ、「仙洞御所」と改称される。

無断転載・複製を禁じます
1839372 0 ニュース 2021/02/13 05:00:00 2021/02/13 05:08:06

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)