【俺はググらない】なんで勉強しなくちゃいけないの? 斎藤環の回答

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 読売KODOMO新聞の5月31日号で始まった新コーナー「俺はググらない」。読者の素朴な疑問に記者がグーグルに頼らず足で調査して答える企画です。紙面には載りきらなかったインタビューの詳報をお伝えします。

 精神科医の斎藤環さんに今回のテーマ「なんで勉強しないといけないのか」という質問をぶつけてみると、文章で回答が返ってきました。その内容は……

 なぜ勉強をするのか。それは、自由になるためだ。

 勉強しすぎたら、かえって不自由になるって? それは誤解というものだ。たとえば君が、一人でいろんなところに自由に移動したいとしたら、まず何が必要だと思う? クルマ? そうだね。じゃあクルマはどこを走る? そう、道路だ。道路があるからこそ、人は自由に移動ができる。勉強というのは要するに、アタマの中にたくさんの道路を通すことなんだ。勉強の中身は忘れても、開通した「道路」だけはしっかり残る。アタマの中に道路のネットワークがあると、自由にいろんなことが考えられる。自由な考えを持つ人にとって、世界は自由な場所となる。そうなれたら素晴らしいよね。

24180 0 お知らせ 2018/06/02 05:20:00 2018/06/02 05:20:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ