【俺はググらない】「全力」って何?…読売KODOMO新聞読者からの回答

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

イラスト・坂川りえ
イラスト・坂川りえ

 「俺はググらない」のコーナーでは、これまで様々な専門家や著名人に取材をしてきました。でも、「全力」という身近なテーマだったら、むしろ読者がどんなことを感じているか知りたい……。

 そこで、次の二つの質問について読者に聞いてみました。

質問〈1〉これまで、どんなことで全力を出したことがあるか
質問〈2〉全力でやるって、どういう状態だと思うか

 小学2年から中学1年までの17人の読者が、保護者を通じて回答してくれました。回答は学年順に並べています。敬称は略しました。途中で、記者のコメントも入れています。では、どうぞ!

小2・ぷりぷりモンキー
〈1〉保育園の将棋大会と学童の将棋大会で全力を出した。
〈2〉めっちゃ真剣。目は、(にら)んでるような目をしていたと思う。持っている力を全部出しきった。学童の大会での決勝では負けて悔しかったけど、泣かなかった。自分のせいだから。

小3・菊川結夏
〈1〉運動会のかけっこ、綱引きの練習、好きな子に追いつこうとする時
〈2〉自分が持ってる最大の力を出すこと

小3・あーちゃん
〈1〉町の百人一首大会に出場した時です。3位決定戦も入れて4回対戦したけど、負けたらそこで終わりなので、どの対戦でも全力を出しました。結果は3位になれました。
〈2〉全力でやるっていうのは、自分の全部の力を一番高いところまで出すことだと思います。大会では、集中して、目や腕の力が一番高いところまで出せるようにしました。

小3・新悠然
〈1〉サッカーの試合で
〈2〉心臓がやぶれるくらい走ること

 新悠然さんの「全力とは心臓がやぶれるくらい走ること」は紙面でも使わせてもらいました。サッカーで走る量は半端ないですよね。心臓がやぶれるくらい全力で走るのは、大人でもなかなか難しいと思います。すばらしい。

 個人的には、菊川さんが全力を出すのが「好きな子に追いつこうとする時」というのがぐっときました。

小4・小野琉生
〈1〉剣道の試合では全力で行っています。
〈2〉四字熟語で言うと一意専心だと思います。その事だけに集中して頑張ること。全ての力を出しきること。

小4・伊藤啓
〈1〉ドッジボール
〈2〉なにも考えないで熱中してやっている状態

小4・久保輝
〈1〉水泳教室での進級テスト
〈2〉死に物狂い。必死すぎて言葉に表せない。

小5・カエルのスタンリー
〈1〉硬筆。硬筆のクラス代表を選ぶ数日前からテレビもつけないようにし、習い事も休んで、毎晩それだけを一生懸命練習した。
〈2〉他のことをすべてやめてでも、それだけを集中して一生懸命すること。

 硬筆を全力でがんばったカエルのスタンリーさんのお母さまからは、「後日談」として、「こんなに全力を尽くしたにもかかわらず、代表にはなれませんでした。母の目から見ると、勝負はする前からついていたのですが、本人が頑張ると言っていたので数日間のことですし静観していました。全力を出したからと言って結果が伴うわけではありませんが、全力を出した結果であれば後悔はないようです。もちろんかなり(へこ)んではいましたけど、いい経験になったと思います」と補足していただきました。

 全力には結果が伴わないこともある――松岡修造さんも言っていましたが、やはり悔しいことですよね。その悔しさは次につなげることでしか報われることがないのかもしれません。

小5・レモネード♪
〈1〉運動会(本番)
〈2〉自分ができるかぎりのことをする。

小5・かんちゃん
〈1〉200メートル個人メドレー、最後の25メートルクロールでライバルを抜いて3位に入り、メダルを取ったこと
〈2〉自分の持っている力をすべて出して、がむしゃらに頑張って限界を超えた状態

小5・山田瑛義
〈1〉プールの進級テストで泳いだとき
〈2〉一つのことに集中していて他のことが考えられない状態。全力で泳いでいるときには泳ぐこと以外何も考えず、無になって泳いでる。

小5・あゆまろん
〈1〉運動会の組み立て体操の練習
〈2〉もう疲れすぎてがんばってもできないとあきらめかけたとき、最後の残りの力をふりしぼって、もう少しだけがんばれた状態

 山田さんは、斎藤環さんの言う「フロー状態」に入っているのではないかと感じました。気になる人は斎藤さんの回答もぜひ見てみて下さい。

小6・二山空羽
〈1〉体力測定で全力で走ったこと(シャトルラン)
〈2〉誰にも負けない。っていう思いが内側から、こみあげてくる状態

小6・渡邉心美
〈1〉ロンバクの練習です。たまに気を抜いてしまったけれど、お母さんにガツンと言われて力が出せました。
〈2〉自分がやりたいと思うことに向かって最大限の力を出して努力すること!!

中1・緒方花音
〈1〉すべて
〈2〉限界を超える

中1・高橋蕗乃
〈1〉小学校最後の文化祭でのクラスの出し物で「恐怖の館」をやった。企画から実行まですべてクラスで話し合って準備、飾り、当日の役割をやりきったこと。
〈2〉意見を出し合い、ぶつかり合って解決していくこと

中1・高橋彩乃
〈1〉小学校最後の運動会でのダンス「ソーラン節」をみんなで一丸となって、一生懸命練習し発表したこと。
〈2〉今持っている力をみんなで出し合うこと

 高橋蕗乃さん、彩乃さんの回答には、はっとさせられました。「全力」って、個人で出すものだという先入観があったけど、みんなでどう力を合わせて全力を出すかっていうのはとても興味深い視点。なるほどな~。

 皆さん、全力について全力で考えた回答を寄せてくれました。ありがとうございました!

無断転載・複製を禁じます
623964 0 お知らせ 2019/06/07 17:00:00 2019/06/10 17:33:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190606-OYT8I50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ