作文募集「400字で言わせて!」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 全国の作文ファンのみなさん、お待たせしました!! 読売KODOMO新聞の創刊400号を記念して始まった作文コンクール「400字で言わせて!」の募集がいよいよ始まります。

 昨年は、小学生だけではなく、中学生や高校生、社会人やシニア世代からもたくさんの応募がありました。その数、なんと4052点!! 3回目の今回も、さらにパワーアップした作品をお待ちしています!!

 テーマは毎年恒例「400字で言わせて!」です。「いま、一番言いたいこと」を原稿用紙1枚分の400字以内でまとめてください。400字以内であれば、作文にこだわらず、エッセーや詩、小説でも大歓迎!! 好きなスタイルの文章に、ありったけの思いを詰め込んでください。

 審査員は、芥川賞作家の町田康さん、歌人の穂村弘さん、そして作家の柚木麻子さんが務めます。3人には、それぞれ審査員特別賞の選考も担当していただきます。

 読売新聞からは、朝刊コラム「編集手帳」の筆者の清水純一論説委員らベテラン記者が審査に加わります。

 応募は、個人でも学校単位でも構いません。締め切りは来年1月末。3月下旬の読売KODOMO新聞で受賞者と受賞作品を発表します。ふるってご応募ください!!

募集要項

 【テーマ】400字で言わせて!
 【応募規定】1人1点。400字詰め原稿用紙1枚まで。タイトルと名前、学校名、学年、連絡先(電話番号、メールアドレス)を欄外か裏面に記入する。学校単位の応募も可能。
 【審査員(予定)】町田康(作家)、穂村弘(歌人)、柚木麻子(作家)、清水純一(読売新聞論説委員)、恒次徹(読売新聞東京本社社会部長)、新庄秀規(読売KODOMO新聞編集長)
 【賞】読売KODOMO新聞賞1点(副賞・図書券1万円分)、審査員特別賞3点(副賞・図書券5000円分)
 【応募先】郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、名前、学年を明記の上、〒103・8601 日本橋郵便局留「読売KODOMO新聞400字係」まで。
 【締め切り】2021年1月31日必着。作品は返却しません。著作権は読売新聞社に帰属します。

WEB限定募集要項

 WEBからの応募も可能です。400字以内で作品を書いて、(1)タイトル(2)名前(3)学校名(4)学年(5)連絡先を記載の上、kodomo@yomiuri.com までお送り下さい。締め切りなどは同様です。

審査員

町田康さん
町田康さん
穂村弘さん
穂村弘さん
柚木麻子さん
柚木麻子さん

 町田康さん
 作家、ミュージシャン。1962年生まれ。2000年に「きれぎれ」で芥川賞を受賞。著書に、デビュー作「くっすん大黒」(野間文芸新人賞)や「告白」(谷崎潤一郎賞)など。

 穂村弘さん
 歌人。1962年北海道生まれ。90年に歌集「シンジケート」でデビュー。歌集「水中翼船炎上中」(若山牧水賞)、エッセー集「絶叫委員会」など。絵本の翻訳も手がける。

 柚木麻子さん
 作家。1981年東京生まれ。2015年に「ナイルパーチの女子会」で山本周五郎賞受賞。「BUTTER」「マジカルグランマ」など、直木賞ノミネート作品も多数。

<第2回 受賞作品>

読売KODOMO新聞賞
「夏の出来事」 染谷真由さん(5年)

町田康賞
「すずの父ちゃん」 藤本涼さん(5年)

穂村弘賞
「ねぶくろであくむ」 井上匠さん(1年)

柚木麻子賞
「おいしいが二回」 小沢夏都さん(4年)

無断転載・複製を禁じます
1583412 0 お知らせ 2020/10/28 11:00:00 2020/11/24 14:07:14 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201112-OYT8I50005-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ