読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【俺はググらない】初対面の人と話すのが恥ずかしいのはなんで 発達心理学者・渡辺弥生さんの回答「あいさつできる人には大きな安心感を感じる」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 法政大学教授で、発達心理学を専門に研究している渡辺弥生さんには、これまでの「俺はググらない」でも「どうして意地悪な人にも優しくしなくちゃいけないの」「涙は本当に枯れるの」といったテーマで回答をもらっていました。

 我々がどんなふうに心の成長を経験していくのかを研究する発達心理学の観点から、渡辺さんは「初対面の人に会うのが恥ずかしいと感じることができるのはそれ自体が成長だ」と話します。いったいどういうことでしょうか?

 初対面の人と話すのが恥ずかしいということに、子どものうちに気づいたことが、まずすごいと思います。「恥ずかしい」と思うということは、「誰かの期待に沿いたい」「信用してほしい」という気持ちの裏返しです。そうした気持ちを持つということは、実は社会的動物である人間だからこそ許された、知的な行動なのです。

 「社会的動物」とは、一人で生きていくのではなく、「常にほかの人との関わりの中で生きていく」「人の集団の中にいることで満たされるところがある」ということです。このため、ほかの人からどう見られているか、受け入れてもらえるかに関心を持つのは当然のことです。

 人間以外の動物で考えてみましょう。動物がほかの動物と遭遇した場合、敵なら逃げますし、獲物なら襲いますね。そのどちらでもなく、「恥ずかしい」という感情が生まれるということは、「周囲にうまく認めてもらえるか」「うまくいかなかったらどうしよう」などという感情が生まれてるということですから、人間が社会的動物であると示していることになります。

 初めて会う人だと、相手との関係性がはっきりしないために緊張する、という面はあると思います。逆に言えば、自己紹介し合うことで相手がどういう人か分かり、相手の出方も分かり、緊張もほどけてきます。私が教えている大学生に聞いても、一番ニガテなスキルは、初対面の人とのコミュニケーションだと答える人が多くいます。ただ、そうした苦手意識が何歳頃から生まれるのかは、あまりよく分かっていません。乳幼児に「初対面で緊張していますか」と聞くことはできないので。

 ちなみに、生後6か月~7か月くらいから始まる乳幼児の「人見知り」は、人と接するのが恥ずかしいという気持ちから起きている行動というよりは、「信頼できる人」と「そうではない人」を区別することができるようになったことを示す行動だと考えられています。「信頼できる人」には身を任せる一方、「信頼できない人」には怖いという思いを抱き、泣くわけです。そこには、「自分を評価してほしい」というような思いが表れているわけではありませんが、自分がどこに居場所を持つことが出来るのかを見極めて選んでいるという意味では、「社会的動物」としての行動の一環と言えるでしょう。

 では、初対面の人と自然にコミュニケーションを取り、仲良くなるにはどうすればいいのでしょうか。当たり前のことではありますが、あいさつはとても有効な手段です。あいさつはどんな場面でどんなことを言うかが決まっている、社会のルールです。あいさつを交わすことができる、というだけで、「この人はきちんとコミュニケーションを取ろうとする人なのだな」ということが明らかです。そうすると、「社会的なルールを守ってくれる人なんだな」という安心感を得ることが出来ます。

 さらに、夕方の時間帯ならば「こんばんは」、仕事で会った相手には「お疲れ様」と、適切なあいさつを選択できるということは、「相手の状況を想像して思いやることができ、ある程度健康的な生活習慣を持っている」ということも示すことになります。ひとことで言えば「あいさつができる」ということは、「社会性を持っている」と判断できるわけです。「笑顔であいさつする」ことができれば、まず間違いなく、初対面の相手ともコミュニケーションを取る第一歩を踏み出せていると言って良いのではないでしょうか。

 どういう人と仲良くなるかは、成長につれて変わっていくと言われています。小学生くらいだと、席が隣だとか、家が近所でいつも一緒に帰るというように、近接的に接する回数が多い人と仲良くなります。中学や高校では、趣味が同じだったり共通点の多い人に親近感を抱き、仲良くなりがちです。大学生くらいともなると、趣味や価値観が違っても、自分とは違う世界を知るきっかけになると考えて友人を広げられるはずです。

 ただ、どうも実際に学生を見ていると、結局「入学式で隣の席に座ったから仲良くなった」とか「サークルで一緒で、友だちになった」とか言う人が多いのが事実です。大学生には、もう少し多様な人と接する機会を自分からつくり、精神的に成熟してもらえれば、という気持ちも持っています。でも、しだいに自分をわかってもらえるか、相手に好意をもってもらえるかを心配しながらも、親しくなっていく気持ちは人生での大きな喜びですから、たくさんの人と知り合って、いろいろな経験を重ねてくださいね。

 「初対面の人と話すのが恥ずかしいのはなんで」他の人の回答は…
 ◇ 精神科医・反田克彦さんの回答
 ◇ コミュニケーション専門家・藤田尚弓さんの回答
 ◇ 夫婦漫才コンビ・チャイムの回答

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2155101 0 お知らせ 2021/06/25 11:06:00 2021/06/25 11:16:41 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210625-OYT8I50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)