【俺はググらない】子どもと大人の境目はどこにあるの 今泉忠明さんの回答「かわいらしさを失ったとき」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 動物学者の今泉忠明さん。大ヒットになったシリーズ「ざんねんないきもの事典」(高橋書店)の監修をしています。動物に関する広範な知識が頭の中のさまざまな棚にしまわれていて、テーマに応じてあるラベルのついた知識を全てひもでくくってずるずるっと出してくれる……そんな稀有な専門家です。これまでKODOMO新聞でも、「ネコについて教えてください」「動物の歯について教えてください」というむちゃぶりな取材に、柔和な笑顔で答えてくれました。

【俺はググらない】子どもと大人の境目はどこにあるの

 大人と子どもの違い、それは社会的なものや経済的なもの、精神的なものに目が行きがちですが、そもそも前提として体がどのように変わっていくかを抑えておく必要がありそうです。そこで、何回目かのむちゃぶりです。「大人と子どもの違いを動物学者の観点から教えてください」。

 柔和な今泉さんの口から飛び出した答えは……

今泉忠明さん
今泉忠明さん

 動物にとって大人というのはまず、「性成熟」した個体のことを指します。つまり繁殖できる能力が身についたかどうかで大人かどうかが決まります。繁殖力が身につく前に、多くの動物では「親離れ」、つまり親からの独立を経験します。それはたとえば「におい」に関する変化が引き金になります。

 ライオンやキツネは小さい時は親と一緒に過ごしますが、成長して体臭がきつくなったオスは追い出されます。メスは残って親と一緒に行動することが多いです。おそらく、食べ物の確保の問題がこうした行動につながるのだと思います。エリアにある食べ物は決まった量しかありません。成長した子どもをずっとそばに置いておくと食べ物が足りなくなる恐れがあるので、成長したあかしである「におい」をきっかけに違うエリアに追い出すのだと考えられています。なので、肉食動物は追い出されますが、草食動物は追い出されません。

 成長とともに体臭がきつくなるのはオスです。男性ホルモンであるアンドロゲン、エストロゲンが多く分泌されるようになり、体臭が強くなります。人間でも、中学生くらいになるとお母さんから「男臭い」と言われるようになる男子もいると思います。また、女性も小学校高学年くらいになるとお父さんのにおいがいやだと感じる人が多くなります。

 性成熟とにおいが関係している理由は、繁殖相手を探すためでしょう。においが強くなれば、それを手がかりに繁殖相手を探すことができます。繁殖期のオスは放浪し、メスのにおいを探します。鼻の穴が二つある理由のひとつは、正にここに関係があるとされています。目が二つあるとその視野の差から立体視ができるのと同じように、鼻の穴が二つあればにおいがくる方向が分かります。それによって異性を探すことができるのです。

 体臭だけでなく、のどぼとけや声変わり、毛が生えるなどの「2次性徴」が表れるようになるのが思春期。ただし、人間の場合でも動物の場合でも、数年の個体差があります。小学校高学年から中学生まで、2次性徴が表れるには年齢的な幅があるのです。学校教育でも、あまり一律に年齢ごとにできるであろうことを押しつけるのではなく、発達度合いの個体差を汲んでほしいところです。

 2次性徴が表れる年齢に個体差がある理由は、多様性を確保することで種の保存に役立つからだと考えられます。もしもある年齢に達して一斉に2次性徴が起こり、生殖が可能になるとしたら、みんなその年齢で生殖しようとして競争が激しくなってしまいます。すると子孫を残せる個体が一部に限られてしまい、多様性が失われやすくなります。個体差があることでこうした事態は防がれていると思います。

 また、子どもから大人に変わるときには、体つきも変わっていきます。動物の子どもは体全体が丸っこいという特徴を持っていますが、大人はその種の特徴的な部位が伸びます。逆に言うと、子どもは原始的な形態を残していると考えられています。大人は骨の末端が1本1本伸びて成長していくんです。人間の顔でも、子どもは丸っこいですが、大人はあごが伸びていくことで面長な顔つきになりますよね。鶴も、大人のくちばしは長いですが、子どもはくちばしが短く、全体的に丸みを帯びています。ひよこも子犬も丸々としていますよね。そうしたかわいらしさを失ったときが大人……という言い方も、できるかもしれません。身もふたもない言い方ですが。

 ほかの人の回答は…

歌い手・Adoさんの回答「『うっせぇわ』の頃よりも」
将棋棋士・藤井聡太さんの回答「勝っても負けても変わらない」
実業家・小幡和輝さんの回答「何かを強制されない自由を持つこと」
シンガーソングライター・さだまさしさんの回答「悪魔と契約したような緊張感」
俳人・神野紗希さんの回答「荷物を背負ったりおろしたり」
精神科医・斎藤環さんの回答「世界の中心であると同時に世界の一部に過ぎない自分」
精神科医・反田克彦さんの回答「スポーツカーをミニバンに乗り換えなくても」
民俗学者・室井康成さんの回答「一人前というのは属人的なもの」
街角で100人に聞きました「何歳から大人と認められる?」

スクラップは会員限定です

使い方
「KODOMO新聞」の最新記事一覧
2702571 0 お知らせ 2022/01/25 14:17:00 2022/01/25 14:17:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220124-OYT8I50073-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)