【俺はググらない】子どもと大人の境目はどこにあるの 街角で100人に聞きました「何歳から大人と認められる?」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 このコーナーではこれまで、読者の素朴な疑問について、その分野にくわしい専門家や著名人に話を聞き記事にするというやり方で、答えてきました。しかし今回の「子どもと大人の境目」については、「個人がどう自覚するか」も大きいはず。そうすると、従来のアプローチ以外に、「多くの人がどう思っているかを調べる」というやり方も有効そうです。

【俺はググらない】子どもと大人の境目はどこにあるの

 そこで、記者がとあるボードを持って街に飛び出してみました。ボードには「大人はいつから」と大書し、「17歳以下」「18歳」「20歳」「21歳以上」の4つのエリアに区切りました。ボードを手に街角で取材し、「この年で大人になったと認めるのが良い」と思う年齢のエリアにシールを貼っていってもらいました。

 街角で聞いた人数は100人。東京駅周辺、渋谷、巣鴨、新橋の4か所で25人ずつ聞き、場所ごとにシールの色を変えて貼ってもらい、そこにシールを貼った理由も聞いていきました。

 さて、どんな結果が出たでしょうか…?

東京駅


 平日の昼下がり、駅付近の路上で調査スタートです。会社の近くということで試しに来てみましたが、サラリーマン以外にも学生、子連れの女性、高齢者などいろいろな属性の人が街を歩いています。みんななかなか立ち止まってくれないので、信号待ちをしているところに声をかけ、短時間で聞き取っていきます。

 投票結果を見ると、18歳と20歳でほぼ半数ずつ分かれました。

 「18歳」支持派からは、「 国際的に18歳が標準。足並みをそろえた方が良い 」(79歳男性)、「 高等教育を卒業する18歳がいいと思う 」(40代男性)といった意見が。ベビーカーを押していた27歳主婦は「 自分は18歳のときには大人だったかな。大学に入って一人暮らしをしていたし 」と振り返ってくれました。

 今ちょうど18歳だという男性は「 選挙権ももらっていて1票持っているのだから、責任もあるんで! 」と「18歳」にシールをぺたっ。その友人の18歳男性は「 いま18歳だけどまだけっこう子どもだな、と思う。中高生のときと中身が変わってないですねー 」と20歳にシールをぺたっ。

 ほかの「20歳」支持派は「 小さい時から大人は20歳だと思っているから 」(30歳会社員女性)、「 18歳ってまだ高校生でしょ?大人っていうのは無理があるんじゃないですか 」(49歳会社員男性)などなど。

 やや高齢とおぼしき女性2人組に声をかけます。「 18歳で大人だと思う。大学に行くような年齢になれば、それくらいの意識は持ってほしい 」と1人が「18歳」にシールを貼ると、「 あら、でも孫を見ていると心もとないわ。私は20歳で 」ともう1人が「20歳」にシールを貼りました。理想と現実のどっちを見るか、で答えは変わってくるのかもしれません。

渋谷


 2021年の年末、まだオミクロン株の感染者が増える前だったこともあり、ハチ公前広場付近は滞留する人々でごった返していました。この日は後輩と2人で調査に行き、後輩が声をかけた人にシールを渡して貼っていってもらいました。後輩がどんどん声をかけてくれるので調査がはかどりました。

 渋谷に来た狙いはもちろん、若い世代の声を集めるため。いつ大人と認められるかは「当事者」である彼らには大きな関心事なのでは…?

 21歳女性は「18歳」派。「 今の法律では未成年だけど、考え方もしっかりしていると思うし、大人と呼んでもいい。自分が18歳のときは親から『まだ子どもだ』と言われていたけど、バイトとかもしていたし、自分のことは自分でできるようになっていましたから! 」と力説してくれました。21歳大学生の男性は「 大学受験の苦しみを経て大人になったという実感がある 」と、大学受験を経験する人の多い18歳にシールを貼りました。

 18歳で行動の幅が広がる点で大人を実感する人もいるようです。「 自動車の運転免許がとれるというのは大きいと思います。ツーリングやドライブに行けるようになる。自由とともに責任を自覚する年でした 」と21歳大学生の男性は振り返ります。

 一方、「20歳」と答えてくれた人たちはこの問題自体にさほど関心がない様子なのかな、と感じました。「 法律で決まっているから 」「 ずっと20歳で大人になっていたし 」「 成人式があるからね 」といった調子です。その中で、25歳エステティシャンの女性は、「 私は20歳で専門学校を卒業し社会人になった。18より20の方が責任は負えるのかな 」と経験に基づいて真摯に語ってくれました。

 そもそも「いつ大人と認められたか」は、ふりかえって実感するものなのかもしれません。だとすると、当事者である18歳や20歳の年代ではあまりぴんとこないことなのでしょうか。20歳大学生の女性からは、「 自分は20歳だけど大人だと思わない。実感ないし、変わったこともないので、大人は『21歳以上』ではないかな 」という声も聞かれました。

巣鴨


 若者の街・渋谷で話を聞けば、次はおじいちゃんおばあちゃんの集う巣鴨で話を聞きたい、と考えるのも自然の成り行き。土曜日の午後、とげ抜き地蔵付近を歩く人たちに声をかけました。

 回答者の年代によって回答傾向に差が生まれるのでは……という期待もありましたが、渋谷でも巣鴨でも18歳と20歳で半々に票を分け合う傾向は変わらず。ただ、渋谷では聞かれなかった視点も出てきました。

 その中で一番びっくりしたのが、76歳男性の言う「 20歳で顔つきが変わる 」という意見。「 18歳は自覚がまだ足りない。20歳になって大人の自覚が出てくると顔つきがかわってくる 」と教えてくれました。自分自身がそうだったと言うよりも、周囲を見ていて顔つきが変わると感じたそうです。年長になっていろんなものを見ていると、気がつくことは多いのかもしれません。

 「 『18歳で大人』と言いたいけど、周囲を見ていると手も金もまだまだかかるし、21歳以上かしら 」(52歳女性)、「 今の人はませているし、18歳で大人でいいのでは 」(90歳女性)など、自分自身のことを振り返るより、子や孫などいまの若者を一定の距離をとって観察した結果出てくる意見が多いのは、むべなるかな、というところでしょう。

 「 少年法で20歳未満が守られているのが変わらないのなら、20歳で成人する方がいいのでは 」(77歳男性)という考えも、ある意味では当事者から距離があるからこそ冷静に出すことの出来る意見なのでしょう。

 69歳の女性は「 まだ学校に行って親に食べさせてもらっているうちは子どもよ。16歳の孫を見ているとまだ子どもだって思うわ 」と「20歳」に1票。20歳でもまだ子どもだと思うそうですが、「 どこかで大人だと認めないといけないからね 」と話していました。

新橋


 かしこまった意見ばかりではつまらない、ほろ酔い気分の大人たちから本音を引き出したい……うってつけの場所として最初から狙っていたのが、新橋駅前。締め切りの都合で月曜の夜の調査となってしまい、酔っ払いがいるかどうか心配しましたが、年末だったこともあってかSL広場にはうまい具合にお酒で良い気分になった大人たちがたむろしていました。

 「 お酒が飲めるのは20歳になってから。お酒が飲めるかどうかは大きいよね 」(50歳会社員女性)。こういうフランクな意見、待ってました。お酒やたばこ、ギャンブルといった「大人のたしなみ」は4月以降も変わらず20歳から。大人に許された娯楽を味わうことは、自分の成長を実感するのとはまた違って大人を感じさせてくれます。61歳の自営業男性からは「 18歳で大人。選挙権があるなら大人。お酒もたばこもやりなさい。うん、仕方がないよ! 」とざっくばらんな発言も(繰り返しますが、お酒やたばこは20歳から!)。

 4、5人でにぎやかに歩いていたグループを呼び止めると、その中にウクライナ人の女性通訳が。「 20歳は区切りとして中途半端。学校を卒業するわけでもないし。高校を出て就職したり1人暮らしを始めたりするという意味で18歳がいい 」と説得力のある意見。ウクライナの成人年齢も18歳だそうです。

 なかなか「17歳以下」のシールを貼ってくれる人がいませんでしたが、51歳会社員男性が「 15歳かな 」と言って貼ってくれました。「 自分の出身の村では、15歳でみこしをかついだら大人。村の中の友だちの家に遊びに行くとお酒を出してもらえた。漁の手伝いもしたし、消防団にも入って大人扱いされていた 」と民俗学的に貴重そうな話を聞かせてくれました。彼と一緒に飲んでいたという57歳会社員男性は「 50歳過ぎても責任感のないガキばっかりよ? 」と言って「21歳以上」にシールを貼っていましたが。

 30歳会社員女性は、「 18歳はまだ大人の感覚がない。大学に2年間通えば20歳。それくらいになったらいいのかな 」と、何がいいのか分かるような分からないようなお話。「 高校の時は縛りがきつかった 」という印象があり、そこから2年間解き放たれて自由にやれば責任感も生まれたということだそうです。

 22歳大学生の男性からは「 18歳で成人だと、18歳から年金を払わなくちゃいけなくならないですか?18から年金払うのはつらい 」という声が。実際には4月以降も国民年金の加入は20歳になってからですが、将来の見えない時代に年金の積み立てを逆に負担に思う気持ちが表れているように感じました。

◆結果
17歳以下 3人
18歳 37人
20歳 53人
21歳以上 7人

 これまでどおり20歳で大人と認めようという人が最多でしたが、施行前だということを考慮しても、「18歳成人」の感覚は浸透していると言えるのではないでしょうか。シールを見ると分かりますが、場所による違いはあまり表れませんでした(シールは赤が東京駅周辺、青が渋谷、黄色が巣鴨、緑が新橋)。

 調査をしていて感じたのは、「18歳でも20歳でも実際にはまだまだ子どもだ」という意識です。若い世代自身も含めて、どの年代にもある程度共通して見られました。

 実際には精神的にも社会的にも経済的にも子どもだけれど、大人と認めることで大人としてふるまってもらうことを期待する、その境目を、「これまで通り20歳でいい」と思っている人と、「選挙権/運転免許/高校卒業などのタイミングに合わせて18歳にしたらいい」と考えている人とで二分される、というのが大枠の結果と言えるでしょう。あまり自分を大人だと思っていない大人が増えている、という 反田克彦さん斎藤環さん の分析とも通じるものがあるのかもしれません。

 何を大人の基準として考えるか。あなたはどう思いますか。

 ほかの人の回答は…

歌い手・Adoさんの回答「『うっせぇわ』の頃よりも」
将棋棋士・藤井聡太さんの回答「勝っても負けても変わらない」
実業家・小幡和輝さんの回答「何かを強制されない自由を持つこと」
シンガーソングライター・さだまさしさんの回答「悪魔と契約したような緊張感」
俳人・神野紗希さんの回答「荷物を背負ったりおろしたり」
精神科医・斎藤環さんの回答「世界の中心であると同時に世界の一部に過ぎない自分」
精神科医・反田克彦さんの回答「スポーツカーをミニバンに乗り換えなくても」
民俗学者・室井康成さんの回答「一人前というのは属人的なもの」
動物学者・今泉忠明さんの回答「かわいらしさを失ったとき」

スクラップは会員限定です

使い方
「KODOMO新聞」の最新記事一覧
2702579 0 お知らせ 2022/01/25 14:18:00 2022/01/25 14:18:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220124-OYT8I50077-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)