文字サイズ
    中学受験サポートに協賛する会員校の特色や、会員校からのお知らせなどを掲載しています。

    千葉の女子中3校バスツアーに150人が参加

    • 説明をする国府台女子の平田史郎学院長
      説明をする国府台女子の平田史郎学院長

     千葉県内の女子中3校を見学するバスツアーが5月17日行われ、児童の保護者ら120組150人が参加した。

     同県内の中高一貫制の女子校は、国府台女子学院中学部(市川市)、聖徳大学附属女子中学校(松戸市)、和洋国府台女子中学校(市川市)の3校。所在地が隣接していることから3校合同で女子校の魅力を伝えようと毎年、ツアーを行っている。

    • 聖徳大女子ではバトン部とマーチングバンド部が歓迎演奏を行った
      聖徳大女子ではバトン部とマーチングバンド部が歓迎演奏を行った
    • 和洋国府台の教室を見学する参加者
      和洋国府台の教室を見学する参加者

     国府台女子からスタートしたバスは聖徳大女子、和洋国府台と巡り、参加者は各校で校長(学院長)による教育方針の説明を受けたり、キャンパスの施設見学などを行ったりした。

     聖徳大女子ではバトン部とマーチングバンド部の合同演奏があり、和洋国府台ではダンス部のダンスが披露された。また、昼食は、生徒と教員が一緒に食事をする聖徳大女子の食堂(じきどう)で、生徒用と同じくカレーライスなどがふるまわれた。

     ツアーに参加した小学校6年生の母親は「公立の中高一貫校を考えていたが、授業の内容や部活動の説明を聴いて私立も魅力的に感じた。特に設備が充実しているので私立も考えようかと思った」と話していた。

    2017年05月28日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP