文字サイズ
    日本語の言葉の使い方について解説するコラムです。

    おやっ? この送り仮名は…

     希代の天才絵師にとって、自分の才能を世に出し切るには、90年の人生はみじかすぎる時間であった――。(2017/10/15朝刊)

     「復興住宅の住民からは、『しずかすぎて孤立感が強い』といった不安の声をよく聞く」。(2018/03/04朝刊)

    「食器洗いをする時は まず水につけてから」「こまかすぎるのは 生まれつきだ」と歌う「Vinegar」。(2018/02/08夕刊)

     傍線部は記事では漢字で書かれていました。送り仮名の適切なのは次のうちどれでしょう。

     

      A    B    C
    1 短かすぎ 静かすぎ 細かすぎ
    2 短すぎ 静かすぎ 細かすぎ
    3 短かすぎ 静すぎ 細すぎ
    4 短すぎ 静すぎ 細すぎ
     

    ※新聞記事の引用は、東京本社発行最終版によるものです。

    ※一部を省略、または表現を変更している場合があります。

    2018年11月05日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP