文字サイズ
    中学受験のプロ講師たち「マナビレンジャー」がアドバイスするコーナーです。

    入試直前期、親のするべきこと・してはならないこと…後藤卓也

     中学受験まで残りあとわずか。今回は具体的な学習法のアドバイスと、わが子(受験生)に対する親の関わり方についてお話ししましょう。

    学習計画を組むのはオトナの役目

    • 学習計画と管理は、親と塾がサポートしてあげよう(画像はイメージ)
      学習計画と管理は、親と塾がサポートしてあげよう(画像はイメージ)

     これまで何度もこのコラムで語ってきたように、受験勉強の究極の目的は、

     「自ら、自分のために学ぶことのできる子」

     「自ら、自分の人生を切り開いていける子」

     「挑戦し、結果が成功でも失敗でも、すべて自分の人生の糧にできる子」

     を育てること。つまり、「親離れさせ、自立させること」です(拙稿『小6で成績が下がり始める二つの理由』をご参照ください)。

     しかし、それは「親は一切口出しをせず、子どもにすべてを委ねる」という意味ではありません。自分で計画を立て、それを状況に応じて修正し、優先順位をつけて学習することができる受験生なんて、せいぜい1%程度でしょう。

     私たちの塾では、お母さんが仕事をもつ「ワーママ」のご家庭と、幼い弟妹のいる子だくさんのご家庭の比率が非常に高く、パパやママがずっと勉強机の横に張り付いていられるケースはごく少数です。だから私たちは「クラスごとの掲示板」に、優先順位をつけた毎日の「ToDoリスト」を掲載し、勉強が終わったあとで学習履歴を記録したものを、定期的に提出するようお願いしています。

     受験勉強の作業工程と進捗状況をコントロールしてあげるのは、塾と保護者の共同作業なのです。

    メリハリとけじめ

     ただし、大切なのは、「ノルマ」を全部こなすことではありません。

     入試問題の制限時間はふつう、1教科40~50分程度。だから、塾の宿題などをこなす場合でも、「50分程度」を一区切りとし、小休止をはさむ。そのかわり、その50分間はトイレに行くのもお茶を飲むのも禁止。

     私たちの塾では6年生の授業は1コマ100分ですが、できるだけ50分程度で区切りをつけています。そのタイミングで水分補給やトイレに行かせたり、ストレッチをさせたり、馬鹿話で緊張をほぐしたりもします。ボクシング選手が3分集中・1分休憩を身体に刻み込ませるように、受験生は、50分集中・5~10分リラックスというリズムを徹底することが大切なのです。

     同じ教科・教材を何時間も続けて学習するのもあまりおススメできません。たとえば、こんな感じで学習計画を立てるとよいでしょう。

    (1)16:30~17:20  計算問題と漢字の書き取り
    (2)17:30~18:20  算数の問題集(塾の宿題)
     ~夕食・休憩~
    (3)19:20~20:10  ××中の過去問(国語)
    (4)20:20~21:10  社会のテキスト(塾の宿題)
     ~入浴・休憩~
    (5)22:00~22:50  予備タイム (2)で終わらなかった問題をやる/(3)の解説を読む、など
     ~就寝~

     とにかく「50分間」の集中力を高めることを最優先課題として、塾の先生にアドバイスを受けたり、親子で取り決めをしたりして、学習スケジュールをしっかり決めましょう。

    「即復習」と「復習ノート」の落とし穴

     「宿題と過去問に追われて、復習をする時間がとれない」という不安の声もよく耳にします。

     「必ずその日のうちにテストや過去問の復習をする」「きちんと復習ノートを作る」……。至極真っ当で、正しい学習方法のように聞こえますが、私はちょっと懐疑的です。

     理科や社会、国語の知識問題は、すぐに見直しをするべきでしょう。ですが、算数や理科の計算分野に関しては、丸つけをしたり、塾で解説授業を聞いたりした段階で答えの数値を覚えてしまいますから、直後に問題を解きなおしても、効果はあがりません。

     私は、週末に1~2時間程度、「1週間の振り返り」をするようにアドバイスしています。間違えた問題に付箋(ふせん)をつけておき、授業で聞いたことを思い出しながら、「解きなおし」をする。もし忘れてしまっていたら、ノートや問題集の解説を見直す。見直しながら、先生がどんな話をしてくれたのかを振り返る。理科で「岩石の分類」の問題を間違えたのであれば、間違えた問題そのものだけでなく、テキストに掲載されている「岩石の分類表」全体を見直して、「関連づけ」をしながら復習するのです。

     過去問や模擬試験のすべてについて「復習ノート」を義務づけている塾もあるようですが、私は、そこまでやる必要はないと考えます。

     確かに、面倒見のいい私立女子校では、小テストや定期テストの問題と解答用紙をノートに貼り付け、解きなおしをさせる指導を徹底しています。ただ、これは「中学生」の「女子」だからこそ、そしてテストの出題分野が定められているからこそ、意義があるのです。小学生男子の作った復習ノートなんて、本人も解読できない場合がほとんどですし、膨大な時間がかかるだけで、実はテキストをだらだらと丸写しするようなことになってしまうのが関の山です。

     まして中学受験は出題範囲が広く、それをノートにまとめあげることなど不可能でしょう。受験生本人には、最低限必要な超重要事項や、絶対にマスターすべき算数の解法についてだけ、「マル秘必勝ノート」みたいなものを作らせれば事足ります。あとは私たちが、繰り返し復習できるようなカリキュラムと教材を作るしかないのです。

     ここまでが具体的な学習方法についてのアドバイスです。端的にまとめるとすれば、スケジュール管理に関しても、復習に関しても、「子どもを信用しない」こと。その1点につきます。

    2017年12月15日 13時07分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    
    プロフィル
    後藤卓也  (ごとう・たくや
    啓明舎塾長。1959年愛知県生まれ。東京大学教育学部博士課程修了。84年の啓明舎設立当初から時間講師として勤務。2年間の西ベルリン(当時)留学経験の後、再び啓明舎へ。94年から塾長。主な著書に『大人のための「超」計算トレーニング』『大人のための「超」計算 正しく速くカッコよく解く!』 (すばる舎)、『小学生が解けて大人が解けない算数』 (dZero社)、『大人もハマる算数 』(すばる舎)、『秘伝の算数』(全3冊、東京出版)、『新しい教養のための理科』(全4冊、誠文堂新光社)など。
     
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP