文字サイズ
    中学受験のプロ講師たち「マナビレンジャー」がアドバイスするコーナーです。

    塾通いを「部活」のように楽しんでほしい…後藤卓也

    始発で入試激励、満員電車で立ったまま爆睡

    • 塾通いには、部活動との共通点がたくさんある(画像はイメージ)
      塾通いには、部活動との共通点がたくさんある(画像はイメージ)

     1月14日、日曜日。とにかく寒い日だったことは覚えています。

     今年はカレンダーの都合上、冬期講習の翌日から6年の特訓、4・5年の通常授業、その翌日は埼玉入試の早朝激励という、かなりハードなスケジュールが続いていました。そして1月14日は担当クラスの女子の半数以上が受験する、浦和明の星の入試激励。

     始発で試験会場に向かい、現地到着から最後の教え子がやってくるまで2時間近く、吹きっさらしの公園に立ち続け、そこから新4年生の保護者会会場に移動してスピーチをし、その後は午後1時から10時まで特訓という、「塾教師残酷物語」みたいな一日でした。

     ふだんの保護者会では事前にパワーポイント資料を用意し、前日の夜には話の骨子をメモしておきます。しかしこの日の保護者会は、資料を作る余裕もなく、とにかく寝坊して激励に遅刻しないことだけを考えて、それでも眠りについたのは午前2時くらいだったでしょうか。

     無事全員の激励を終え、満員電車のなかで立ったまま爆睡し、なんとか自分の出番の30分前に会場近くの駅に着いて、ふと我に返りました。「きょうは、何の話をすればいいんだろう?」

    痛いほどわかる「進学塾」に子を通わせる親の思い

     出席者は2月から入塾する生徒約80人と、3年生から「進級」する生徒約120人の保護者。まだ新学期は始まっていないので、新入塾の保護者は「ウチの子、学校でも引っ込み思案だから、ちゃんと授業についていけるのかしら」とか「『中学受験は親が9割』なんて聞いているけど、私は仕事もあるし、下の子はまだ保育園だし、ちゃんと受験生の母親のつとめを果たせるのかしら」などと、不安を抱えています。3年生からの進級組にしても、これからは週1日2教科の通塾が週3日4教科に変わり、月例テストによるクラス移動も行われる、まさに本格的な受験勉強のスタートですから、やっぱり「ウチの子、大丈夫かしら。落ちこぼれたらどうしよう?」と、不安で仕方ない。

     他方でマスコミやママ友たちの情報から、「受験に失敗した家庭の悲惨な末路」みたいな話だけはふんだんに入手している。

     「塾代は年100万円を超えていましたが、『もうあとには引けない』という気持ちで個別指導を追加して……」

     「こんなにお金をかけているんだから、『絶対にモトをとってやる』と必死でした。それなのにこんな……」

     「『ボクが頑張らなかったから、お母さんをこんなに悲しませているんだ。ボクはダメな子なんだ』って、息子は部屋に閉じこもって出てきません」

     「全滅して子どもの前で泣き通しです。死んでもいいですか?」

     こんな文章を、女性誌の記事やネットの掲示板でみかけたこともあります。

     これから3年間、塾に通わせるだけでも大変なのに、あげくのはてに受験に失敗したらどうしよう?

     その気持ちは、痛いほどわかります。

    勉強漬けの夏合宿、でもずっと続けたい……

     会場に入ると、すでに他のスタッフが「今後のスケジュール」や「家庭学習の仕方」「教科ごとのポイント」などを話し終え、会は終幕に近づいていました。

     「では最後に、塾長の後藤よりご挨拶(あいさつ)をさせていただきます」という司会の紹介を受けて壇上に上がると、会場内に緊張感が走ったような気がしました。出席者の大半は「入塾説明会」のときの短いスピーチを除けば、私の話を聴くのは初めてなので、「いよいよ塾長先生のお話だ。襟を正して真剣に聞かなければ」なんて思ったのでしょうか。

     私は、駅から会場までの道を歩きながら、ふと思い立ったことを話し始めました。

     「これから3年間、長い道のりです。でも塾通いなんて『部活』みたいなものだと思って、子どもたちと私たちといっしょに楽しんでいきましょう」

     なぜいきなり塾通いを部活に例えようと思いついたのか。たぶん数日前に平田オリザさんの『幕が上がる』という高校演劇を舞台にした小説を読んで、いたく感動したからだと思います。でも、自分でいうのも変な話ですが、実際に口にしてみると「いい得て妙」みたいな気がしてきました。

     「朝から学校に通い、夜は塾に通って勉強する。日曜日にはテストや特訓もある。幼いうちから勉強ばかりさせてかわいそうだとか、ちゃんとついていけるのだろうかとお思いの方もいらっしゃるでしょう。部活も同じです。朝から授業を受けたあと、暗くなるまで練習。大会が近づけば朝練があったり、日曜や祝日も朝から練習に明け暮れたり。会社でいえば残業・早出・休日出勤の連続。まるで『ブラック企業』ですね。

     でも、部活に熱中する中高生も、塾に通う子どもたちも、自分から進んで、そんな大変な日々を過ごしているんです。6年生にもなれば授業時間も長くなるし、宿題の量も半端じゃない。でも子どもたちは『風邪をひいて学校を休んでも、塾にだけは行く』といいます。逆に私たちのほうが不思議に思って、『だって勉強、大変だろ?重いカバンを背負って、電車で通うの、(つら)くない?』と尋ねると、「何をバカなことを聞くんだ?」といった表情で答えました。『だって塾にいるときが、一番楽しいんだもん』」

     なかでも5・6年生対象の3泊4日の夏合宿は、初日の午前10時から4日目の夕方まで一歩もホテルから外に出ることなく、連日朝6時から夜10時まで食事と睡眠以外はずっと授業という過酷な試練なのですが、3日目の夜に「明日からももっと合宿を続けたい人?」と聞くと、去年は50人弱の生徒のなかで「家に帰りたい」と答えたのは1人だけでした。そして、その理由はなんと「金魚とカメの水槽の掃除をしたいから」(妹に任せておくのが心配なのだそうです)。「何としても志望校に合格したいから」なんていう悲壮感に(あふ)れた決意表明ではなく、本気で「夏休みじゅう、ずっと合宿だったらいいのに」と口をそろえて答えてくれました。

    2018年05月14日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    
    プロフィル
    後藤卓也  (ごとう・たくや
    啓明舎塾長。1959年愛知県生まれ。東京大学教育学部博士課程修了。84年の啓明舎設立当初から時間講師として勤務。2年間の西ベルリン(当時)留学経験の後、再び啓明舎へ。94年から塾長。主な著書に『大人のための「超」計算トレーニング』『大人のための「超」計算 正しく速くカッコよく解く!』 (すばる舎)、『小学生が解けて大人が解けない算数』 (dZero社)、『大人もハマる算数 』(すばる舎)、『秘伝の算数』(全3冊、東京出版)、『新しい教養のための理科』(全4冊、誠文堂新光社)など。
     
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    スクールヨミダス