「ぐりとぐら」のカステラ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今回は、「ぐりとぐら」が作ったカステラです。卵が主役のシンプルなお菓子ですが、止まらないほどおいしいですよ。作り方も難しくないので、ぐりとぐらになったつもりで作ってみて下さいね。

◆材料
・卵      2個
・卵黄     1個
・(準)強力粉 60g
・砂糖     60g(砂糖50~65g 甘さは調整できる)
・牛乳     大さじ1
・バター    15g
・分量外バター スキレット(直径18cm)に塗る

◆準備

 出来上がりのカステラの生地がくっつかないように、あらかじめスキレットに室温にした軟らかいバターを薄く塗る。鍋に湯を沸かしておく。牛乳とバターを耐熱ボウルに入れてレンジで20秒加熱する。

◆作り方

 1 大きめのボウルに卵2個を割り入れ、卵黄1個を加える。

 2 1に砂糖を加えて卵を溶きほぐす。

 3 沸騰した鍋の上にボウルを置いて、卵液が人肌(37℃程度)になるまで泡立て器で撹拌(かくはん)する。

 4 湯煎からおろしてハンドミキサーで全体が白くもったりするまで、泡立てる。

 5 もったりしたら、ハンドミキサーを低速にして、気泡が(そろ)うようにしばらく泡立てる。

 6 5に準強力粉をふるい入れ、ゴムべらで粉気がなくなるまでよく混ぜる。

 7 6に牛乳バターを加えて、よく混ぜる。

 8 スキレットに7を流し入れ、180℃に予熱したオーブンの温度を170℃に下げて、20分間焼く。

レシピ監修:植野美枝子

ひとこと

 出来上がったカステラは卵の風味が豊かでしっとり。カステラは元々ポルトガルから伝わったお菓子が原型と言われています。確かに、ポルトガルには卵の風味を生かしたお菓子が数多くありますよね。さて、作る際に大切なのは、卵をしっかり泡立てること。泡立てた卵をへらで落としても形が残るくらいきちんと泡立てると、きめ細かくふっくらした仕上がりになります。今回は、準強力粉を使いましたが、強力粉を使うとまた違った風合いになりますよ。

無断転載禁止
645888 0 本のごちそう 2019/06/19 17:30:00 2019/06/19 18:16:38 2019/06/19 18:16:38 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190618-OYT8I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ