「ガラスのうさぎ」のチリメンジャコご飯

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今回は、「ガラスのうさぎ」でお兄さんの復員祝いに敏子たちが食べた、チリメンジャコののった麦入りご飯。かつては白米の代わりだった麦飯も、今では健康食として大人気です。

◆材料
 ・米         2合
 ・押し麦       50g
 ・水         米と同量+押し麦の2倍 
 ・チリメンジャコ   50g
 ・しょうゆ      適宜

作り方

鍋を使ったご飯の炊き方
  米と押し麦はよく洗って、炊く1時間ほど前から水に浸しておく。
  鍋に水を切った米、米と同量の水、水を切った押し麦、押し麦の2倍の水を加える。1合升がなくても、水加減は計量できる(米を量ったカップに同量の水を計量すれば良いので、量る容器は何でも良い)。米と麦と水を入れた鍋に蓋をして、中火から強火で7~8分間加熱する。
  蒸気が鍋から上がってきたら、火を弱めて約13分間加熱する。
  でき上がったら、しゃもじで米を下から上へ混ぜて10分ほど蒸らす。

チリメンジャコをのせる
  ご飯をご飯茶わんに盛り付け、上にチリメンジャコを盛り付ける。
  好みでしょうゆをかける。

レシピ監修:植野美枝子

ひとこと

 ご飯に混ぜる大麦には、押し麦、もち麦、米粒麦といろいろな種類があります。どの麦を混ぜて炊いたら良いか、炊き方はどうすればいいか、迷ってしまいますね。

 日本で昔から食べられていた麦ご飯に入っている麦といえば、「押し麦」です。お米と一緒に炊きやすいように麦を平らにつぶしたもので、真ん中に黒い線が入っているのが特徴です。

 最近、注目されている「もち麦」は、米にうるち米ともち米があるように、うるち性の押し麦に比べて粘りが強いもち性の品種を指します。栄養満点の大麦の中でも、食物繊維が非常に多く含まれているので、人気を集めているのです。

 見た目や食感など、好みに合わせた大麦で、お気に入りの麦ご飯を炊いてみてください。

無断転載禁止
741781 0 本のごちそう 2019/08/14 17:55:00 2019/08/15 12:27:14 2019/08/15 12:27:14 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190814-OYT8I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ