「はらぺこあおむし」のさくらんぼパイ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今回は、「はらぺこあおむし」であおむしが食べた、さくらんぼパイを紹介します。食べる手が止まらなくなってしまうほどのおいしさです。あおむしのように食べ過ぎておなかが痛くならないように注意してくださいね。

◆材料
パートブリゼ(練りパイ生地、21cm分)
・小麦粉         250g
・バター         125g
・水           大さじ2
・塩           ひとつまみ
・グラニュー糖      5g
・配合外打ち粉      少々
・塗り卵         卵1/2個
・型に塗る配合外バター  適宜

チェリーのフィリング
・チェリーの缶詰  2缶(439g×2)
・コーンスターチ  20g
・グラニュー糖   50g
・キルシュ     20g

作り方

パートブリゼの作り方
  材料は全部冷やしておく。
  バターを1cm角にカードでカットしておく。
  ボウルにふるった小麦粉を入れて2のバターを入れ、粉をまぶしながらカードを使って切るように粉とバターを合わせていく。
  3がパルメザンチーズ状の細かい粒になったら、手を使ってまとめる。手を冷水などにつけて冷やすと、触っていても生地が溶けない。
  4に、水、塩、グラニュー糖を加えて混ぜる。この時、水は全部入れきらず、少し残しておく。
  5で混ざりきらない粉が出たら、残りの水を加えて混ぜ、全体と合わせる。
  打ち粉をした台の上に生地をのせて、少しこねたら綿棒を使い、厚み3cm程度の四角に成型する。ラップで包み、冷蔵庫で1時間くらい休ませる。

チェリーフィリングの作り方
  チェリー缶の汁を鍋に移す。
  1にグラニュー糖、コーンスターチを加えて中火で煮詰める。とろみがついたら火を止める。
  2にチェリーを加えて、チェリーの形が完全になくならないように気をつけながら、汁と一緒に加熱する。ややプリザーブジャムっぽい感じまで煮て、冷ましたらキルシュを加える。

成型
  パイ皿に配合外バターを塗って冷やしておく。
  冷やしてあった生地を冷蔵庫から出して、台に打ち粉をして手早く厚さ3mm程度に伸ばす。
  パイ皿の上に生地をかけてサイドを指で圧着したら、フォークなどで底面に穴を開ける。パイ生地の下の空気が温まって膨張し、パイを持ち上げてコブのように膨れるのを防ぐため。
  3の上にチェリーを広げて、上からも生地を乗せ、周りはフォークなどで接着する。周りの余分な生地をナイフで取りのぞく。
  4を焼く前に15分くらい冷蔵庫で休ませてから、塗り卵を表面に塗る。
  190℃に予熱したオーブンで、180℃で30~35分焼く。

レシピ監修:植野美枝子

ひとこと

 生地は冷凍保存できますよ!

 生地は2倍量、3倍量一緒に作っておき、1台分ずつ生地を3cm厚に平らに伸ばしたら、ラップで包み冷凍します。私は使う前日に冷凍室から冷蔵室に生地を移しておくので、綿棒で伸ばすにも、固さもちょうどよくサッと使えて便利です。

 チェリーパイは缶詰を使いましたが、りんごや洋梨、ブルーベリーなど果物がたくさんある時、頂き物などで食べきれない時など、まとめて砂糖煮し、冷凍しておくと、いつでも美味(おい)しいフルーツのパイが食べられて、ご家族ご友人に喜ばれますよ!

無断転載禁止
801933 0 本のごちそう 2019/09/18 18:33:00 2019/09/19 21:03:49 2019/09/19 21:03:49 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190918-OYT8I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ