キキが作った「肉だんごのトマト煮」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今回は、「魔女の宅急便」でキキが大みそかに作った、肉だんごのトマト煮を紹介します。一口では食べきれない大きな肉だんご。一人で思う存分味わうのもいいですし、みんなで分け合うのも楽しそうですね。食べる時はぜひ、キキの家族のように、それぞれ1年間にあったことを思い出しながらおしゃべりしてみてください。12時になったら、隣の人と抱き合って、「いい年でしたね、おたがいに」とあいさつするのもお忘れなく!

◆材料

・合いびき肉        500g
・タマネギ         1/2個
・オリーブオイル      大さじ1/2
・レンコン         80g
・卵            1個
()            10g
・牛乳           大さじ2~3(麩を浸しておく)
・オールスパイス      小さじ1/2
・ナツメグ         小さじ1/2
・片栗粉          大さじ1
・トマト          中・5個
・水            1リットル
・トマトソース       200g(1缶)
・コンソメスープ( 顆粒(かりゅう) ) 大さじ2
・ハチミツ         大さじ1
・塩            少々
・黒こしょう        少々

◆準備

  タマネギは1センチ角にカットする。
  フライパンにオリーブオイルを熱して、タマネギが透き通るまでいためておく。
  レンコンはすりおろしておく。
  深めの鍋に水1リットルを入れて加熱し、お湯が沸いたら、コンソメスープを入れてスープを作っておく。
  麩は牛乳で湿らせてやわらかくしておく。

◆作り方

  ボウルに合いびき肉といためたタマネギ、すりおろしたレンコン、卵、牛乳で戻した麩、オールスパイス、ナツメグ、片栗粉、塩、黒こしょうを加えて、粘りが出るまで手でよく混ぜる。
  1をりんごくらいの大きさに球状に丸め、沸かしたスープの中にレードルを使って、静かにポトンと落とす。
  肉だんごは、中火から弱火で中心まで火が通るまで、20分くらい加熱する。
  3のスープに、トマトをそのまま入れる。しばらく煮ると皮がむけるので、トングなどで皮を取り除く。
  肉だんごに火が通ったら、トマトソース、ハチミツ、塩、黒こしょうで味を調える。
  スープ皿などの真ん中に肉だんごを一つ置いたら、トマトを彩りで添え、スープを周りに回しかける。

レシピ監修:植野美枝子

◆ひとこと

 肉だんごは、すりおろしたレンコンを混ぜると肉がまとまりやすくなり、スープの中で割れたり、バラバラになったりせずに、形状を保ちやすくなります。

 丸めた肉だんごをスープの中に入れる時は、なるべく深い鍋にスープを沸かしておいて静かに入れると、肉だんごが鍋底に付かず、割れにくくなります。肉だんごがスープの中でふわふわと浮かびますよ。スープに入れたら、火加減は中火から弱火でトロトロと煮ます。

 お皿に盛り付けると、りんごくらいの大きな肉団子がとてもインパクトがあり、食卓に歓声が上がること間違いなしです。冬のおもてなしの時やクリスマス料理に作ってみてくださいね。

無断転載禁止
958547 0 本のごちそう 2019/12/18 18:07:00 2019/12/18 18:07:00 2019/12/18 18:07:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191218-OYT8I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ