キャンプのカレー

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今回紹介するのは、林明子さん作・絵の「はじめてのキャンプ」の中で、みんなが食べるカレーです。「カレーを食べた」という記述はありませんが、キャンプに出かけた主人公のなほちゃんが、大皿に盛られたカレーをほおばる挿絵が描かれています。川で水をくみ、野菜を切って、薪を集めて火をおこす……。みんなで役割分担して作ったカレーもおいしいですが、今回は遊ぶ時間をたくさん確保するために、レトルトカレーを活用しちゃいましょう!

◆材料(4人分)

・レトルトカレー      4袋
・米            2~3合
・バター          10g
・ターメリック       小さじ1
・塩            少々
・パプリカ(赤、黄)    各1個
・ナス(中)        2本
・米油           大さじ1

作り方

  キャンプ場に着いたら最初に準備することは、ご飯をできるだけ長く浸水しておくこと(山の上などでは、沸点が低くなるので、米に芯ができやすい)。
  薪、炭火、携帯ガスコンロなどを用いて、火元を準備する。
  飯ごうに米、水、ターメリック、バター、塩を加えて炊飯する。
  炊飯してご飯を取り出した飯ごうやケトルなどで、レトルトカレーを温めておく。
  米が炊けたら、皿を準備して、ターメリックライスを盛り付けておく。
  お湯を沸かした飯ごうやフライパンに米油を熱して、パプリカ、ナスを大きめに(3cm角くらいに)カットしたものを軽くいためて、ご飯の上にトッピングする。
  6に温まったレトルトカレーをかけてできあがり。

レシピ監修:植野美枝子

ひとこと

 キャンプで作ったお料理は格別!

 火元や少ない調理器具など、できあがりまでの段取りをよく考えて作りましょう。ご飯はなるべく長く水につけておきます。米は無洗米を使った方が便利かもしれませんね。炊飯の水は、キャンプ先で量らなくてもいいように、あらかじめペットボトルにメモリをつけて準備しておくと便利です。

 飯ごうでご飯が炊けたら、同じ飯ごうで湯を沸かすなど調理器具を使い回しましょう。フライパンは色々な料理に役立つので、持って行った方がよさそうですね。段取りさえ考えたら、火おこしからできあがりまで1時間くらいで、おいしく彩りのきれいなキャンプのカレーのできあがりです。

無断転載・複製を禁じます
1343924 0 本のごちそう 2020/07/15 17:00:00 2020/07/16 11:57:42 2020/07/16 11:57:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200714-OYT8I50077-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ