おじいさんのにぎりめし

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今回紹介するのは、日本のおなじみの昔話「にぎりめしごろごろ」に登場するおにぎりの作り方です。作り方はシンプルなので、なかなか外に行けなくても、家族みんなで作って食べれば、ピクニック気分が味わえるかも?! 自分の好きな具材を入れてみるのも楽しいですよね。


青菜とじゃこのおにぎり
◆材料(4個分)

・炊いたご飯        2合
・ちりめんじゃこ      大さじ4
・バター          5g
・黒ごま          小さじ1
・青菜(小松菜、大根の葉) 2株分
・ごま油          小さじ1
・乾燥わかめ        適量
・塩            少々

◆作り方

  ご飯を2合炊いておく。

  ごまは、いっておく。

  小松菜など青菜を幅1cmにカットしたら、フライパンにごま油を熱して、よくいためておく。

  ちりめんじゃこは、フライパンにバターを熱して、乾燥するまでいためておく。

  ボウルに炊いたご飯を入れたら、2、3、4と乾燥わかめを加えて、しゃもじでよく混ぜる。

  5を丸く握って表面に塩をまぶす。

レシピ監修:植野美枝子

◆ひとこと

 暑い時は、塩むすびだけでもおいしく感じるのはなぜでしょう? 暑さで汗とともに塩分が体外に出てしまった時、体のバランスは崩れてしまいがちです。そのため猛暑が続くこの時期は、水分の補給はもちろんですが、塩分も体が要求しているんですね。

 梅干しやおみそ汁などから塩分がとれる和食の朝ご飯は、学校や外出する前の朝食にオススメです。また、休みの日にスポーツをする時なども、朝ご飯を食べられなかった人は、涼しい場所で冷たいお茶と塩むすびで一息入れることも大切です。にぎりめしがゴロゴロ転がらないように気をつけながら!

無断転載・複製を禁じます
1420012 0 本のごちそう 2020/08/19 17:00:00 2020/08/20 16:05:08 2020/08/20 16:05:08 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200818-OYT8I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ