『徳治郎とボク』 花形みつる著

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 頑固なじいちゃん「徳治郎」の人生のしまい方を、孫の「ボク」の目を通して描く。3人の娘たちが持て余すじいちゃんだが、ボクは一緒に山の畑に行き、「ちっせぇとき」の話を聞かせてもらうのが大好き。

 ボクの両親の離婚、いとこのエリカちゃんの不登校などの問題が起きる中、じいちゃんが倒れて……。信念を貫くじいちゃんの生き方と支える家族の姿に、読後感は爽やかだ。(理論社、1400円)

無断転載禁止
582087 0 本だな 2019/05/22 05:20:00 2019/05/22 05:20:00 2019/05/22 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190514-OYT8I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ