『どこまでも亀』 ジョン・グリーン作

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ばい菌に侵食されるという思いにとらわれて強迫性障害に苦しむ女子高生アーザは、親友のデイジーから、大富豪が失踪し、多額の懸賞金がかけられていることを知る。息子のデイヴィスに近づいて大富豪の居場所を探ろうと誘われたアーザは、デイヴィスと恋に落ちる。引かれ合いながらも触れ合えない2人の関係が切なく、愛することの意味を考えさせる。金原瑞人訳。(岩波書店、1800円)

無断転載禁止
733687 0 本だな 2019/08/14 05:20:00 2019/08/14 05:20:00 2019/08/14 05:20:00 5日付夕書評・児童書短評・『どこまでも亀』 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190805-OYT8I50049-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ