『手と手をぎゅっとにぎったら』 横田明子作、くすはら順子絵

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 交流授業で特別支援学校の知的障害教育部門のクラスを訪れた虹川小4年生の「ぼく」たち。追いかけっこしてから席につく子や、突然机に自分の頭をぶつけ出す子もいて、戸惑う。そんな中、「ぼく」は文化祭のダンス練習中も床に寝そべって絵を描いている「もっくん」が気になって――。感じている気持ちは同じなんだと「ぼく」が気付く場面に、心があたたかくなる。(佼成出版社、1300円)

無断転載禁止
833789 0 本だな 2019/10/15 05:20:00 2019/10/15 05:20:00 2019/10/15 05:20:00 横田明子作、くすはら順子絵『手と手をぎゅっとにぎったら』 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191007-OYT8I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ