読売新聞オンライン

メニュー

『チーターじまんのてんてんは』みやけゆま作

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 広々とした草原にたたずむチーターの自慢は、体を覆う黒いてんてん。ある寒い日のこと、「ハーックション!」と大きなくしゃみをしたら、てんてんが飛び出し、シマウマの体にくっついてしまった。シマとてんが混じり合って、シマウマなんだか、てんてんウマなんだか。さらにシマウマがくしゃみをすると――風に乗って移動を続けるてんてんを俊足のチーターが追いかける、ナンセンスで楽しい絵本。最後に思わぬ結末が待っていて、噴き出した。(BL出版、1430円)

無断転載・複製を禁じます
2164752 0 本だな 2021/07/07 05:20:00 2021/07/07 05:20:00 2021/07/07 05:20:00 『チーターじまんのてんてんは』みやけゆま作(BL出版) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210628-OYT8I50009-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)