「自主学習ノートが『はなまる』でいっぱいになりました」(滋賀県・大山さん)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「何を書いたらいいの?」。大山さんのお嬢さんは小学校の「自主学習ノート」という宿題に戸惑い、連日、母親に問いかけていました。そんな時に出会ったのが読売KODOMO新聞。お嬢さんが読むようにどんな工夫をしたのでしょうか?

『はなまる』でいっぱいになった自主学習ノート
『はなまる』でいっぱいになった自主学習ノート

 自分で「調べ学習」をして学校に提出する「自主学習ノート」ですが、私の周りの保護者も困惑し、自主学習ノートをテーマにした保護者会が開かれました。その中で一人のお母さんのお話が心に残りました。

 「子ども新聞を購読しても、初めは読んでくれなかった。それならとにかく目につくところにわざとおいて置く。玄関に!机に!着替えの上に!読まないなら次の日はページをめくって置く。そのおかげで、子どもが自然に読むようになった」

 我が家でも早速、実験を始めました。毎日、娘の目につく場所に置き、ページを変えながら、生活の動線上に置いてみる。

 そんなある日、何気に娘が熟読している姿を発見!懸賞ページに引っかかり、自ら赤丸付けだし、欲しいもののランキングをつけているようでした。これで興味のスイッチがオンになりました。「KODOMO新聞に載っている『あべのハルカスツアー』に絶対に行きたい」と言い、応募して当選。それから、娘は興味のあるページを見るようになり、自主学習ノートも進むようになりました。

 娘が今一番、気に入っているのは、時事ワードや特集ページです。「色分けしたり、ランキングにしたりして工夫しながら、自主学習ノートに写せる」と言っています。今では新聞委員になり、学校の新聞作りにも楽しく挑んでいます。

無断転載禁止
52778 0 KODOMO新聞活用法 2018/12/07 05:20:00 2018/12/07 05:20:00 2018/12/07 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181207-OYT8I50011-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ