「クイズを出しあうと交換日記のように楽しめます」(東京都・Y.I.さん)

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

読売KODOMO新聞をノートに貼り付け、要約に挑戦する読者はとてもたくさんいます。ただ、お子様が小学校低学年の場合、要約はちょっと難しいかもしれません。そんなときは、新聞からクイズを作ってみてはどうでしょうか?

子どもが好きそうな記事をもとに、クイズを作成
子どもが好きそうな記事をもとに、クイズを作成

 小学3年生になった息子の学校では、家庭で自由に自分の好きな学習をするという宿題が出ます。ただ「どんな学習でもいい」と言われても、子どもはなかなか自分でテーマを見つけられません。

そんなとき、SNSで「子ども向け新聞を使って、クイズを出すのがいい」という書き込みを見つけました。読売KODOMO新聞は週1回と手軽なので、早速、購読してクイズのノートを作ってみることにしました。

 まず私が新聞を読み、息子が好きそうな話題を探します。息子は生き物が大好きなので、最近はウナギやセミの抜け殻、太古のサメ・ラブカなどが載っていましたが、そこからクイズを作りました。すると息子はクイズを解こうとして、自然に新聞を読むようになりました。あまり、クイズを難しくし過ぎないことがコツです。

クイズを解き終えた息子から感想を聞くことは、息子と「交換日記」をしているような楽しさがあります。最近では息子が、「今回の問題は難しすぎた」とか、「まあまあだった」などと感想を言います。どうやら、問題を作る私の腕もチェックしているようです。

54673 0 KODOMO新聞活用法 2018/12/19 05:20:00 2019/02/01 10:01:27 2019/02/01 10:01:27 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181219-OYT8I50097-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ