検事長が違法賭けごと

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

読売KODOMO新聞5月28日号紙面より

 検察官は、罪を犯した疑いのある人を裁判にかけるのが仕事です。その検察官が、法律で禁止された賭けマージャンをしたことが分かり、5月22日に辞職しました。

 問題になったのは、東京高等検察庁の黒川弘務検事長(63)=写真=。仲良しの新聞記者たちとお金をかけてマージャンをしていたのです。賭けごとは国に認められた競馬や競輪などをのぞき、法律で禁止されています。しかも黒川さんたちがマージャンをしたのは、新型コロナウイルスの緊急事態宣言が出され、みんなが外出を自粛しているときでした。

 黒川さんは、本来なら2月に定年退職する予定でしたが、政府が「この人は優秀だ」として特別に延長させていました。特別扱いをしたとたんの不祥事に、政府も困り顔です。

無断転載禁止
1243919 0 KODOMO新聞ニュース 2020/05/28 05:20:00 2020/05/28 05:20:00 2020/05/28 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200526-OYT8I50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ