良いマグロ AI判定

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

読売KODOMO新聞7月23日号紙面より

AIを使ってマグロの品質を判定する「TUNA SCOPE」(くら寿司提供)
AIを使ってマグロの品質を判定する「TUNA SCOPE」(くら寿司提供)

 「目利きの職人」はもう必要ない!? 回転ずしチェーンの「くら寿司」が、スマートフォンのカメラとアプリを使って、良いマグロを仕入れる方法を導入しました。

 マグロの買い付けは通常、熟練の職人が行います。職人が見るのは、マグロの尾。ここの違いで、マグロの脂の乗り具合が分かるそうです。くら寿司は、職人たちの見分けた結果をAI(人工知能)に覚えさせることに成功。スマホをマグロにかざすと、瞬時に「A(最上級)」「B(上級)」「M(並)」の3段階で品質を判定します。

 くら寿司は、すしネタのおよそ7割が海外産。でも今は、新型コロナウイルスの感染拡大で海外の市場に思うように職人を派遣できません。このため、経験のない人でも買い付けができるようにこの方法を導入したのです。

無断転載・複製を禁じます
1359377 0 KODOMO新聞ニュース 2020/07/23 05:20:00 2020/07/24 16:40:06 2020/07/24 16:40:06 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200721-OYT8I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ