「ハンコやめて」要請

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

読売KODOMO新聞10月1日号紙面より

行政・規制改革大臣の河野太郎さん
行政・規制改革大臣の河野太郎さん

 河野太郎行政・規制改革大臣は9月24日、全府省庁に対し、ハンコを原則として使用しないよう求めました。

 会社や役所では、書類や契約書など、なにか手続きをしようとするたびに「ハンコ」が必要です。

 ハンコは「この書類をしっかり確認しましたよ」という印。たとえば会社であれば、係長→課長→部長の順にハンコを書類に押していき、全部そろうとようやく会社としてその書類を確認したことになります。本人のサインではなく、ハンコを使うのは世界でも珍しい文化です。

 中央官庁では、ハンコを押す必要がある書類は、およそ1万1000種類。ハンコを書類に押してもらうために職員が庁内をグルグル回るというのはムダなのではないか……。河野さんは、ムダなことをやめて、もっと別のことに時間を使うべきだと考えたのです。

無断転載・複製を禁じます
1511568 0 KODOMO新聞ニュース 2020/10/01 05:20:00 2020/10/01 08:36:59 2020/10/01 08:36:59 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200930-OYT8I50013-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ