読売新聞オンライン

メニュー

おもちゃ販売好調

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

読売KODOMO新聞6月24日号紙面より

 日本玩具協会は6月15日、2020年度の日本国内のおもちゃの出荷額を発表しました。その額は前の年より増えて8268億円で、過去20年の中で3番目に高い額でした。

 人気が高かったのは「コロナ禍」ならではのおもちゃです。特に好調だったのが前年度のおよそ1.6倍になったジグソーパズル。みなさんの中にも、家の中でじっくり取り組んだ人もいるかもしれませんね。

 パソコンやタブレット型のおもちゃも1.5倍以上に。家で仕事をする「在宅ワーク」が増え、家で大人気分を味わいたい子どもが増えたのかもしれません。

 コロナ禍という苦しい状況をはねのけて好調を保つおもちゃ業界。日本玩具協会は「おもちゃは家で楽しく学ぶのに必需品だと実感してもらえたのではないか」と分析しています。

無断転載・複製を禁じます
2149214 0 KODOMO新聞ニュース 2021/06/24 05:20:00 2021/06/24 05:20:00 2021/06/24 05:20:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)