文字サイズ
    読売KODOMO新聞の連載漫画「いろはにほへと新聞部」のキャラクターが時事用語をわかりやすく解説します。

    【重大インシデント】…深刻な事故の恐れ 原因調査

     あらた 新幹線しんかんせん大変たいへんなトラブルがあったね。

     いろは 12月11日に、福岡県ふくおかけん博多はかた駅から東京駅に向かっていた「のぞみ34号」の車両をささえる台車に亀裂きれつが見つかりました。車輪しゃりん固定こていする鋼鉄製こうてつせいの台車わくがもう少しで二つにれてしまうところでした。車両を持っているJR西日本は脱線だっせんおそれもあったといっています。

     あらた やく1000人の客が乗っていたそうだね。

     いろは その車両の最高さいこう速度そくど時速じそく300キロ。大惨事だいさんじになりかねませんでした。国の運輸うんゆ安全委員会は新幹線しんかんせんでは(はじ)めて「重大インシデント」に認定にんていしました。

     あらた それは何?

     いろは 「incidentインシデント」は英語えいごで「出来事」といった意味です。鉄道の脱線だっせん航空機こうくうき墜落ついらくなど深刻しんこく事故じこが起きるおそれがあった時、運輸うんゆ安全委員会は調査官ちょうさかんを送って原因を調べます。関係者かんけいしゃ行政機関ぎょうせいきかん再発さいはつ防止ぼうしもとめますよ。

     あらた 問題点は。

     いろは 走る前の車両点検てんけん異常いじょうは見つかりませんでした。それに焦げ臭こくさいにおいなどを確認かくにんしながらやく3時間走らせていました。チェック体制たいせいをしっかり調査ちょうさしてほしいですね。

    2018年01月01日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

    「時事用語をわかりやすく解説する読売新聞朝刊「学ぶ育む」の連載です。読売KODOMO新聞の連載漫画「いろはにほへと新聞部」のキャラクター「あらた」「いろは」が登場します。

    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP