ごはんのおともに 「ぬか漬け」

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

  ごはんのおともにポリポリ、おなかがすいたときにポリポリ……。野菜(やさい)をおいしく()べられる「ぬか()け」にチャレンジしてみませんか? 失敗(しっぱい)しない「ぬか漬け」づくりを紹介(しょうかい)します。


くわしい作り方を動画で見られるよ。下の料理の画像をクリックしてね

材料(ざいりょう)
【ぬか (どこ) 】 ぬか500g、 (しお) 100g、水500ml、こんぶ10cm (ぶん) 、赤唐辛子(とうがらし)2本
【漬けるもの】キュウリやカブなどの野菜

【1 週間前(しゅうかんまえ) に……】

 (1)ぬか床準備(じゅんび)

 ぬか漬けは一日にしてならず。漬け(はじ)める1週間前に「()て漬け」と()ばれる準備をするよ。塩水を一度(いちど)ふっとうさせ、さましておこう。大きめの容器(ようき)に入れたぬかに塩水を(くわ)え、もむようにしてよく()ぜよう。赤唐辛子や小さく()ったこんぶを入れて、ぬかにかくれるように入れたら、表面(ひょうめん)をたたいて空気を()いてならそう。

 (2)捨て漬け

 ここにキャベツの(しん)大根(だいこん)のしっぽなどの野菜くずを入れるよ。この(とき)入れた野菜はしょっぱくなるだけなので食べられないよ。1日2(かい)、ぬかを上から下にひっくり(かえ)すように混ぜて、3日くらいでほかの野菜くずと交換(こうかん)。1週間くらい、常温(じょうおん)()き、ぬか床に野菜をおいしくしてくれる微生物(びせいぶつ)(そだ)てたら、準備完了(かんりょう)

【1週間たったら野菜をつけよう】

監修・植野美枝子(うえの・みえこ)先生
監修・植野美枝子(うえの・みえこ)先生

 (3)野菜を用意(ようい)

 ぬか床の準備ができたら野菜を漬けよう。定番(ていばん)はキュウリ、カブ、ニンジン。キュウリやナスは、ピーラーで(かわ)一部(いちぶ)むいてから。大根など水分が(おお)めの野菜は切った(あと)にザルに(なら)べ、半日(はんにち)、日に()てて()してからだと漬かりやすいよ。

 (4)ぬか床に入れる

 野菜をぬか床に()め、上からぬかをかぶせたら、表面をたたいてしっかり空気を抜こう。発酵(はっこう)(すす)める「乳酸菌(にゅうさんきん)」が活発(かっぱつ)(はたら)くよ。

 (5)半日(はんにち)で食べ(ごろ)

 半日ほどでしっかり漬かるよ。ぬかを()として、(あら)ってから()って食卓(しょくたく)へ。白いご(はん)一緒(いっしょ)に、さあめし上がれ。

39814 0 できちゃうクッキング 2018/09/06 05:20:00 2018/09/06 05:20:00 2018/09/06 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180905-OYT8I50018-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ