冬は仕込みにぴったり「みそ」

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 季節関係なくお店に並んでいる「みそ」。日本では昔から、発酵がじっくり進む冬に仕込み作業を行う「寒仕込み」が伝統的に行われてきました。寒~い季節にみその仕込みに挑戦しちゃいませんか?

くわしい作り方を動画で見られるよ。下の料理の画像をクリックしてね

【材料】
(2.5kgを仕込む場合)大豆700g、麹700g、塩250g、水2.5L

(1)前日に

 大豆をよく洗い、ゴミや汚れた大豆を取り除こう。大豆の2~3倍の量の水に18時間くらいひたしておこう。

(2)大豆をひたす

 ひたしておいた大豆を大きな鍋で煮よう。アクを取りながら、焦がさないように、時々水をたし、指で挟んで押してつぶれるくらいやわらかくなるまで煮るよ。煮ている間に、大きめのボウルで麹と塩を入れてかき混ぜておこう。

(3)棒でつぶす

 炊き上がった大豆をザルにあげよう。煮汁も取っておいてね。大豆は熱いうちにすり鉢やビニール袋に入れてつぶそう。

(4)麹と混ぜる

 大豆が冷めたら、塩と混ぜた麹とよく混ぜよう。煮汁を加えて固さを調整し、耳たぶくらいのやわらかさになるまでしっかりと混ぜるよ。

(5)丸めて玉に

 混ぜ終わったら小さなみそ玉を作り、保存用のたるに、みそ玉を容器の隅めがけて次々たたきつけて。すきまなく投げ入れてね。

植野美枝子(うえの・みえこ)先生
植野美枝子(うえの・みえこ)先生

(6)たるに詰める

 ペタペタと軽くたたいて空気を抜いてみそを詰めていく。上が平らになるように整え、ラップをかけてみそに密着させる。板の上に重しをのせたら、容器を紙でおおってヒモをかけ、日付を書いておこう。食べられるのは1年後!

1270 0 できちゃうクッキング 2019/01/03 05:20:00 2019/01/21 13:00:11 2019/01/21 13:00:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181226-OYT8I50070-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ