バレンタインに生チョコ

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 もうすぐバレンタイン! 今年は、オシャレな生チョコ3種類の詰め合わせで「大好き」「いつもありがとう」の気持ちを込めて……。 本格的なのに実はお手軽に作れちゃうのはヒミツだよ。

くわしい作り方を動画で見られるよ。下の料理の画像をクリックしてね

動画を視聴するにはiframeタグに対応したブラウザをご利用ください

【材料】
<白>板チョコ(ホワイトチョコレート)80g、生クリーム40g、バター16g
<黒>板チョコ(ミルクチョコレート)80g、生クリーム40g、バター16g
 100円ショップなどで売っている転写シール、抹茶の粉などの好きなパウダーも用意。バターは室温に戻しておいてね。

(1)チョコ刻む

 白と黒2種類のチョコを、溶けやすいように細かく刻もう。包丁の刃先を上から押さえて持ち手の部分を動かし、みじん切りの要領で刻むのがいいよ。刻んだらボウルに入れておこう。

(2)混ぜて溶かす

 生クリームを電子レンジ(500W)で30~40秒ほど温め、チョコが入ったボウルに静かに流し入れて。ミルクチョコに入れる生クリームの量は、様子を見ながら40gより少し多めにすると◎。ホイッパーで、なめらかになるまでやさしく混ぜ、室温にしたバターを加えてさらに混ぜよう。

(3)型に入れ固める

 なめらかなうちに、型にチョコレートを流し入れよう。冷蔵庫に入れ、固まったら型から外し、好みの大きさにカットすれば生チョコの完成です!

(4)デコレーション1・転写シール

 転写シールは、貼りたい部分より少し大きく切る

 →大人に、スプーンの先をコンロの火などで温めてもらう

 →温まった部分でチョコをなでるだけで表面が溶けるので、転写シールをのせる

 →冷蔵庫でしっかり冷やし、ていねいにはがすと、チョコにオシャレな模様がうつるよ

(5)デコレーション2・パウダー

 チョコに茶こしで抹茶など好みのパウダーを振るい、転がして、全部の面にたっぷり振りかけよう

植野美枝子(うえの・みえこ)先生
植野美枝子(うえの・みえこ)先生

(6)デコレーション3・絵をかく

 チョコペンで絵やメッセージをかいても◎

429936 0 できちゃうクッキング 2019/02/07 05:20:00 2019/02/21 10:13:04 2019/02/21 10:13:04 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190206-OYT8I50011-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ