「もしも」の時に…ホット非常食

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 3月11日で東日本大震災8年。今回は、「もしもの時」に家にあるもので作る料理を紹介します。どんなものを備蓄しておいたらいいのか、これを機会に家族で見直してみませんか?

くわしい作り方を動画で見られるよ。下の料理の画像をクリックしてね

動画を視聴するにはiframeタグに対応したブラウザをご利用ください

【材料】
オムレツ(1個分)…卵1個、塩・コショウ少々
煮物(4人分)…切り干し大根35g、春雨20g、高野豆腐2枚分、塩昆布やおつまみ昆布8g、車麩2個、しょうゆ・みりん大さじ1ずつ、砂糖小さじ1、お湯200CC
パスタ:(1人分)…早ゆでサラダスパゲティ75g、トマトソースパック1カップ、ツナ缶詰1/2缶、コーン缶詰1/2缶、野菜スープのフリーズドライ1パック

【作り方】

(1)準備:オムレツ

 紙コップなどにラップをしき、卵を割り入れてとく。塩・コショウや、ある場合はパセリや小さくちぎったベーコン、枝豆などを入れて混ぜよう。ラップの上をくるっとしぼり、輪ゴムできつくしばろう。

(2)準備:乾物で煮物

乾物をフリーザーバッグに入れていくよ。切り干し大根や昆布は、ハサミで食べやすいように小さく切ろう。お湯と調味料も加えて口を閉じ、10分くらい置いておこう。

(3)準備:缶詰などでナポリタン

フリーザーバッグの口を広げ、材料を入れていくよ。野菜スープのフリーズドライは砕いて入れよう。材料を全部入れたら、一度、入れ物口を閉じてよく混ぜて。パスタがくっつかないように、トマトソースによくなじませよう。空気をなるべく抜いて口を閉めるよ。

(4)一緒に湯せん

植野美枝子(うえの・みえこ)先生
植野美枝子(うえの・みえこ)先生

鍋にお湯をわかし、パスタと煮物のフリーザーバッグ、オムレツのラップを一緒に入れよう。鍋肌に袋やラップが触れると穴が開いてしまうので注意!10分ほど湯せんしたらできあがり。オムレツは、固まって表面が黄色に変わっているのが目安だよ。

お湯は繰り返して何度も使えて、水を節約できます。

無断転載禁止
475171 0 できちゃうクッキング 2019/03/07 05:20:00 2019/03/07 11:51:22 2019/03/07 11:51:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190306-OYT8I50001-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ