夏の味覚「枝豆」練り込むフォカッチャ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今月の材料は、夏の味覚「枝豆」。枝豆を練り込むフォカッチャに挑戦しましょう。動画では、パン生地のこね方に注目! 生地づくりは、発酵に時間はかかるけれど意外と簡単です。紙面では、ずんだもち、枝豆シューマイの作り方も紹介しています。

くわしい作り方を動画で見られるよ。下の料理の画像をクリックしてね




動画を視聴するにはiframeタグに対応したブラウザをご利用ください

【材料(6切れ分)】
(準)強力粉200g、グラニュー糖5g、塩3g、ドライイースト3g、ぬるま湯125g、オリーブオイル15g、ローズマリー1枝、枝豆50粒くらい

【作り方】

(1)枝豆をゆでる

 枝豆のさやの両端を切り、塩水で5分くらいゆで、中身を取り出しておく。

(2)生地をまぜる

 ボウルに準強力粉、グラニュー糖、塩を入れて混ぜ、ぬるま湯にドライイーストを溶かして加える。カードなどを使ってよく混ぜよう。

(3)よくこねる

 生地を台に出して混ぜながら手のひらで向こうに押すようにして20分くらいこねる。まとまったら生地をたたいて折り曲げるを繰り返して、生地を引っ張った時に薄く生地が伸びるまでこねよう。

(4)1次発酵

 表面を張らせるように丸め、ボウルに入れラップをして生地が2倍くらいになるまで1次発酵させる。時間の目安は28℃の室温で1時間、発酵器なら30分。

(5)2次発酵

 めん棒でのばしてガス抜きをする。枝豆のうち、35粒くらいを生地に練り込み、四角く形を整えて、室温で20分くらい2次発酵させるよ。

植野美枝子(うえの・みえこ)先生
植野美枝子(うえの・みえこ)先生

(6)焼く

 表面にオリーブオイルを塗り、指で穴をあけて残りの枝豆を入れる。岩塩でふり塩をして、ローズマリーをちぎってのせ、220℃のオーブンで13分焼く。

無断転載禁止
670585 0 できちゃうクッキング 2019/07/04 05:20:00 2019/07/25 14:56:33 2019/07/25 14:56:33 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190702-OYT8I50022-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ